Hebikuzure's Tech Memo

2018年9月26日

Windows でインターネット接続しているのに「インターネットなし」と表示される

Filed under: Windows Tips — タグ: , , , — hebikuzure @ 7:37 PM

Windows Vista 以降の Windows ではタスクバーの通知領域に表示されるネットワーク 接続アイコンをポイントすると、

キャプチャ

このように「インターネット アクセス」など現在の接続の制限の有無が表示されます。

この接続状態の認識は単に表示されるだけでなく、Windows のシステムを含むプログラムからも利用できるようになっています。例えば Microsoft アカウントでのサインインの際にオンラインでの認証が可能かどうか判断したり、アプリでオンライン モードとオフライン モードを切り替えたりするのに使われます。

さて、ごくまれな現象ですが、実際にブラウザーなどからインターネットに接続して Web ページを閲覧できているのに、この状態の表示が「インターネットなし」になってしまう場合があります。この現象について解説します。

「インターネットなし」になる理由

この状態の表示は「ネットワーク接続インジケーター Network Connection Status Indicator」 (NCSI) と呼ばれる機能で、いくつかの接続テストを行ってインターネット接続の有無を判定しています。

具体的には以下のような接続テストを行います。

Windows 10 バージョン 1607 未満の場合

  1. http://www.msftncsi.com (ipv6.msftncsi.com for IPv6) の名前解決ができること
  2. http://www.msftncsi.com (ipv6.msftncsi.com for IPv6) に対して HTTP でアクセスし、ncsi.txt ファイルを取得できること
  3. dns.msftncsi.com の DNS 名前解決が ”131.107.255.255” と一致すること

Windows 10 バージョン 1607 以降の場合

  1. http://www.msftconnecttest.com (ipv6.msftconnecttest.com for IPv6) の名前解決ができること
  2. http://www.msftconnecttest.com (ipv6.msftconnecttest.com for IPv6) に対して HTTP でアクセスし、connecttest.txt ファイルを取得できること
  3. dns.msftncsi.com の DNS 名前解決が ”131.107.255.255” と一致すること

つまり、実際に多くのインターネット サイト / インターネット リソースに問題なく接続できていても、上記のテストにパスしなければ NCSI は「インターネットなし」になります。そのため Microsoft アカウントでのパスワードの変更が反映されない、ストアがオフラインになり利用できない、Outlook の先進認証が機能しない、Office サブスクリプションのライセンス認証ができない、などの問題が生じます。

テストにパスできない理由はプロキシやファイアウォールなどのネットワーク経路で http://www.msftncsi.comhttp://www.msftconnecttest.com へのアクセスが制限されている、dns.msftncsi.com の DNS 名前解決が正しく行えない、などとなります。企業内のネットワークなどであれば管理者に依頼してこれらの通信が正しくできるよう設定を変更すればよいのですが、公衆サービス / 施設の LAN / Wi-Fi や WLAN などの場合、こうした変更を行うことが難しい場合もあるでしょう。

回避策

クライアント側の設定に問題が無いにも関わらず、ネットワーク経路の問題で NCSI が「インターネットなし」になり Windows やアプリケーションの動作に問題が出る場合は、NSCI の検知の動作を無効にして回避することができます。

NCSI の検知動作を無効にするには、以下のいずれかの方法を取ってください。

レジストリを構成する

以下のレジストリ値を構成します。

  • キー:HKLM\ SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\NetworkConnectivityStatusIndicator
  • 名前:EnableActiveProbing
  • 種類:REG_DWORD
  • データ:0

グループポリシー

コンピューターの管理
ー 管理用テンプレート
ーー システム
ーーー インターネット通信の管理
ーーーー インタネット通信の設定
ーーーーー Windows ネットワーク接続状態インジケーターのアクティブなテストを無効にする

キャプチャ2

副作用としては、通知領域の NCSI アイコンが常に警告の表示になる場合があります。

なお企業内のネットワークで NCSI のテストのトラフィックを遮断したい場合は、イントラネット内などに http://www.msftncsi.comhttp://www.msftconnecttest.com の代替のアクセス先サーバーを立てて、NCSI のテストをパスするという方法があります。詳しくは参考資料の「The Network Connection Status Icon」をご覧ください。

参考資料

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。