Hebikuzure's Tech Memo

2018年10月6日

「配信の最適化」の「ローカル ネットワーク」

Filed under: Windows Tips — タグ: , , — hebikuzure @ 4:34 PM

Windows 10 の Windows Update では「配信の最適化」が利用でき、更新プログラムを Microsoft Update サーバーから直接ダウンロードするだけでなく、他の PC (Windows 10) から P2P でダウンロードすることも可能になっています。

この機能は [設定] – [更新とセキュリティ] – [配信の最適化] で構成することができますが、無効にしたければ [他の PC からのダウンロードを許可する] をオフにします。
※「ダウンロードを許可する」の文言ですが、オフにすることで他の PC へのアップロードも行われなくなります。

キャプチャ

ローカル ネットワーク上の PC

[他の PC からのダウンロードを許可する] を有効にした場合、P2P で更新プログラムを融通する範囲を構成できます。選択肢は

  • ローカル ネットワーク上の PC
  • ローカル ネットワーク上の PC とインターネット上の PC

の二つです。

ここで注意が必要なのは、ここで使われている「ローカル ネットワーク」という言葉です。通常「ローカル ネットワーク」というと同じサブネット マスクを持つブロードキャスト ドメインの範囲を差すことが多いのですが、ここでの意味は違います。

この「ローカル ネットワーク」の説明は「Windows 10 更新プログラムの配信の最適化の構成」に書かれているのですが、この資料はグループ ポリシーで配信の最適化を構成する場合の資料なので、通常のユーザー インターフェースから設定を行っている場合には気付きにくいかもしれません。ユーザ インターフェースでの設定はポリシーでの「ダウンロード モード」に相当しますが、ポリシーの方がより細かな制御ができるので余計に分かりにくいでしょう。

ユーザー インターフェースでの「ローカル ネットワーク上の PC」はポリシーのダウンロード モードでは「LAN (1 – 既定)」に相当し、「ローカル ネットワーク上の PC とインターネット上の PC」は「インターネット (3)」に相当します。そして「LAN (1 – 既定)」はこの資料では以下のように説明されています。

この既定の配信の最適化の動作モードでは、同じネットワーク上のピアとの共有が有効になります。 配信の最適化のクラウド サービスでは、ターゲット クライアントとして同じパブリック IP アドレスを使用してインターネットに接続するその他のクライアントを検索します。 これらのクライアントは、プライベート サブネット IP を使用して、同じネットワーク上の他のピアに接続しようとします。

つまり PC 自身のサブネットに関わらず、同じパブリック IP アドレス(グローバル IP アドレス)を利用している範囲が「ローカル ネットワーク」になります。そのため、自分の管理していない PC との接続を行わない意図で「ローカル ネットワーク上の PC」を設定していても、以下のようなケースでは、ネットワークのオペレーターが適切なフィルタリングを行っていない限り、意図しない PC と P2P 接続する動作になります。

  • 賃貸住宅や共同住宅に備え付けのネットワークで、1つのグローバルアドレスからインターネットに接続している
  • 公衆無線 LAN に接続している
  • キャリア グレード NAT の WLAN やプロバイダーに接続している

このようなネットワークを常に利用される場合で自分の管理していない PC との P2P 接続を行いたくない場合は、「ローカル ネットワーク上の PC」を選択するのではなく「配信の最適化」を無効にする必要があります。「ローカル ネットワーク上の PC」の選択は、インターネットへのゲートウェイ(ブロードバンド ルーターなど)にグローバル IP アドレスが割り当てられている場合に有効でしょう。

企業環境での留意点

複数の場所を拠点間 VPN で結んでインターネットへのゲートウェイを1か所に集約している企業/組織の場合、すべての拠点のすべての PC が同じグローバル IP アドレスを利用しますから、企業内全体が「ローカル ネットワーク」と認識されます。

そのため配信の最適化の P2P トラフィックが VPN に流れる可能性があります。これを避けるには配信の最適化自体を無効にするか、ポリシーで「HTTP のみ (0)」「インターネット (3)」「簡易 (99)」「バイパス (100)」などを選択するか、「グループ (2)」を選択して拠点ごとにグループを構成するか、を行いましょう。

参考資料

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。