Hebikuzure's Tech Memo

2019年12月18日

新旧 Edge の Side by Side 実行

Filed under: Microsoft Edge, Windows Info — タグ: , — hebikuzure @ 7:22 PM

2020年1月15日に新しい Edge が公開されます。新しい Edge は企業向けのブラウザーという位置付けでさまざまな機能が盛り込まれています。とはいえ既に現在の Edge を既定のブラウザーとして活用している組織やユーザーも少なくないでしょうから、新しい edge にいきなり切り替えできないという場合もあるでしょう。そうした場合、新しい Edge に自動更新されたり Windows Update でインストールされたりすることは Blocker Toolkit を使ってブロックできます

しかし今の Edge を使いつつ、新しい Edge の動作確認や検証をしたいという場合もあります。そうした場合に一番簡単なのは、Blocker Toolkit で新しい Edge の自動適用はブロックしておき、Beta 版 Edge をインストールする方法です。Beta リリースは6週間後に安定板としてリリースされる候補版ですので、基本的に新しい Edge の動作確認・検証で利用するのに問題はないでしょう。

とはいえ現在の Edge を使いつつ、安定板の Edge (Chromium 版) も利用したいというニーズがあります。そうした場合の Side by Side 実行の方法が公開されています。

Side by Side 実行を構成する

新旧の Edge を同時利用するには、そのためのグループポリシーを構成します。

  1. まずエンタープライズ向け Edge のページからポリシー ファイルをダウンロードします。cab ファイルがダウンロードされるので、Windows エクスプローラーで開くと中に ZIP ファイルがあります。この ZIP ファイルを展開します。いろいろなファイルができますが、windows フォルダーの中に admx フォルダーがあるので、開きます。msedge.admx と msedgeupdate.admx がテンプレート ファイルなので、これを C:\Windows\PolicyDefinitions にコピーします(要管理者権限)。また言語ファイル(Windows の表示言語が日本語なら ja-jp フォルダー)も同じ場所にコピーします。
  2. そうるすとグループポリシー エディターの
    /コンピューターの構成 /管理用テンプレート
    /Microsoft edge/Microsoft Edge – 既定の設定/Microsoft Edge の更新、という3つの項目が追加されます。
  3. 以下のポリシーを構成します
    /コンピューターの構成 /管理用テンプレート/Microsoft Edge の更新/アプリケーション/Microsoft Edge でのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する
    このポリシーを有効にすると、新しい Edge がインストールされても従来の Edge が隠されることなく、今までと同様に利用できます。
    コメント 2019-12-18 191445

このポリシーは新しい Edgeがインストールされる前に構成する必要があります。ポリシーの構成前に新しい Edge のインストールが行われると、その時点で従来の Edge は置き換えられてアクセスできなくなります(スタート メニューのタイル、関連付けやピン留めしていたサイトなども全て新しい Edge で開くように変更されます)。後からポリシーの構成を行った場合、再度新しい Edge のインストーラーが実行されるまでポリシーの効果は現れません。またポリシーの効果が現れても、スタート画面や新しい Edge で開くよう変更された関連付け/ピン留めサイトは元に戻りません。

新しい Edge 用の Blocker Toolkit が公開

Filed under: Microsoft Edge, Windows Info — タグ: , — hebikuzure @ 6:41 PM

2020年1月15日に新しい Chromium ベースの Microsoft Edge がリリースされます。

Blocker Toolkit の使い方

現行の Edge を利用している企業やユーザーで、今しばらくは新しい Edge ではなく現行の Edge を利用していたいという希望もあるでしょう。そうした場合に利用できる Blocker Toolkit がリリースされました。

利用方法は簡単で、記載されているダウンロード リンクからファイルをダウンロードして実行します。展開先を聞かれるので適当なフォルダー(デスクトップなど)を指定して進むと、4つのファイルが作成されます。このうちの EdgeChromium_Blocker.cmd を管理者として実行したコマンド プロンプトで /B オプションを付けて実行します。

> EdgeChromium_Blocker.cmd /B

これでWindows Update や自動更新で新しい Edge がインストールされるのをブロックできます。

ただしユーザーが自分でインストーラーをダウンロードして実行すれば、新しい Edge のインストールは可能です。インストールには管理者権限が必要ですので、ユーザーにローカル マシンの管理者権限を与えている場合は注意してください。

同じスクリプトを /U オプションを付けて実行すれば、今度はブロックを解除できます。

レジストリ 情報

このスクリプトでは以下のレジストリを構成します。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate
名前:DoNotUpdateToEdgeWithChromium
データ:0 [ブロックしない] / 1 [ブロックする]

グループポリシー

Tooklit を展開してできた EdgeChromium_Blocker.admx と EdgeChromium_Blocker.adml を使えば、グループポリシーで新しい Edge のブロックを構成できます。

EdgeChromium_Blocker.admx を C:\Windows\PolicyDefinitions に、EdgeChromium_Blocker.adml を C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP に(Windows の表示言語が日本語の場合、それ以外の言語の場合はそれに合わせたフォルダーに)コピーします。

そうするとグループポリシー エディターの

/コンピューターの構成 /管理用テンプレート /Windows コンポーネント /Windows Update

Microsoft Edge (Chromium-based) Blockers が表示され、”Do not allow delivery of Microsoft Edge (Chromium-Based) through Automatic Updates” という項目が現れます。このポリシーを有効にすることで、ポリシーの対象となるクライアントでの自動更新/Windows Update での新しい Edge のインストールがブロックできます。

なおこのポリシーはタトゥーイングされるので、有効にした場合にそれを取り消してインストールを許可するには、かならず無効のポリシーを適用させてください。

2019年11月13日

Microsoft Ignite The Tour Tokyo に登壇します

Filed under: Information — タグ: , — hebikuzure @ 4:24 PM

先日、アメリカ・フロリダ州オーランドで開催された Microsoft のテクニカル イベント “Microsoft Ignite” の内容を凝縮して(ダイジェストして、ともいう)世界各地で開催される “Ignite the Tour” の一環、”Microsoft Ignite The Tour Tokyo” が来る 12月5日~6日、東京(会場 ザ・プリンス パークタワー東京)で開催されます。

このイベントで、以下のセッションに登壇させていただくことになりました。

またこれとは別に、ラーニングパス コンテンツでも以下のセッションを受け持ちます。

  • Microsoft 365 管理センターの新機能 (ADM41)
    Day 2 : 3:15pm – 4:00PM
  • Office 365 グループの導入 (ADM51)
    Day 2 : 4:30PM – 5:15PM

Microsoft Ignite The Tour Tokyo” の参加申し込みは残念ながら現在キャンセル待ちとなっていますが、参加予定の方で新しい Chromium ベースの Edge に興味のある方は、ぜひご聴講ください。

またセッション後には Speaker Q&A も行いますので、こちらにもぜひお立ち寄りください。

Microsoft Ignite The Tour Tokyo” 参加登録ページ
https://register.msignite-the-tour.microsoft.com/tokyo

2015年8月22日

Microsoft Edge をコマンドで起動する

Filed under: Internet Explorer, Windows Tips — タグ: , , , — hebikuzure @ 11:22 AM

Windows 10 で新しく搭載された Web ブラウザーの Microsoft Edge がそれまでの Internet Explorer と大きく異なっているのは、ユニバーサル Windows プラットフォーム (Universal Windows Platform – UWP) アプリとして作られていることです。そのため今までの Internet Explorer でのやり方がそのまま通用しないことが少なくないのですが、今回はコマンドから Edge を起動する方法について解説します。

UWP アプリでは (Windows 8 以降のストア アプリでも同様ですが) 実行ファイル (exe ファイル) をエクスプローラーでのダブルクリックなどで直接実行しても、起動することができません。この点が Internet Explorer を含む従来のデスクトップアプリと大きく異なる点の一つです。そのため Microsoft Edge も実体となる MicrosoftEdge.exe ファイルが C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe にありますが、これをダブルクリックしても Edge を起動できません。またコマンド プロンプトや [ファイル名を指定して実行] で C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge.exe を指定しても、同様に Edge は起動できません。

コマンド プロンプトや [ファイル名を指定して実行] から Edge を起動する場合は、以下のようにプロトコル ハンドラーとして Edge を指定します

  • コマンド プロンプトの場合
    start microsoft-edge:(URL)
    ex. start microsoft-edge:www.bing.com, start microsoft-edge:www.google.com など
  • [ファイル名を指定して実行] の場合
    microsoft-edge:(URL)
    ex. microsoft-edge:www.bing.com, microsoft-edge:www.google.com など

コマンド プロンプトの場合は “start” を付ける点に注意してください。

なおホームページの設定や読み込みに問題があって Edge が正常に起動/動作しない場合は、以下のように指定して強制的に空白のページで Edge を起動させると良いでしょう。

microsoft-edge:about:blank

2015年6月12日

ブラウザーの一般的なトラブルシュート(その1)

PC の用途として多くの人が利用しているのが Web ブラウザーを利用した Web サイトの閲覧や Web アプリケーションの利用でしょう。現在では電子メールや文書の作成、表計算、プレゼンテーション、写真の編集や整理など、以前は PC にインストールしたソフトウェアでなければできなかった作業が、ほとんど Web ブラウザーの中でできるようになっています。

このように便利な Web ブラウザーですが、その設定や構成などに問題が起きて正常に利用できなくなる場合がまれにあります。今回は Windows 環境においてブラウザーで Webサイトや Web アプリケーションにアクセスしてもページが開かない、正常に表示されない、機能が正しく利用できないなどの問題が起きた場合に有効なトラブルシュートを、数回にわたり解説します。

ブラウザーのキャッシュ (一時ファイル) を削除する

どのブラウザーでも同じページを何度も表示する際に、 Web サイトから同じコンテンツを繰り返し取得する代わりに、一度取得したコンテンツを一時ファイルとして蓄積し、同じページの表示の際に再利用する動作をしています。この一時ファイルの内容が何らかの原因で破損したり、一時ファイルと元の Web ページの閲覧履歴との関連付けがおかしくなったりすると、そのページが正しく表示できなくなったり、そのページ内の機能が正常に働かなくなります。また Web ページから送信されてブラウザーに保存される Cookie (クッキー) と呼ばれるデータが破損した場合も同じような現象が起きます。こうした時には、蓄積されている一時ファイルなどを削除し、正常なコンテンツを Web サイトから取得しなおすようにすれば問題は改善します。 ブラウザーのキャッシュを削除する手順は以下の通りです。

Internet Explorer の場合

  1. 開いている Internet Explorer のウィンドウをすべて閉じて、Internet Explorer を終了します
  2. Windows 7の場合は [スタート] ボタン [コントロール パネル] [ネットワークとインターネット] [インターネット オプション] の順にクリックして [インターネットのプロパティ] を開きます
  3. Windows 8.1 の場合は画面左下を右クリックするか Windows キー + X を押してクイック アクセス メニューを表示し、[コントロール パネル] [ネットワークとインターネット] [インターネット オプション] の順にクリックして [インターネットのプロパティ] を開きます
  4. [全般] タブをクリックし、[閲覧の履歴] セクションの [削除] ボタンをクリックします
  5. [インターネット一時ファイルおよび Web サイトのファイル][クッキーと Web サイト データ][履歴] にチェックを入れます。 OWA のページを [お気に入り] に登録している場合は、[お気に入り Web サイト データを保持する] にチェックを入れるか、または事前に OWA [お気に入り] から削除 (登録解除) しておいてください
  6. [削除] ボタンをクリックすると、一時ファイルなどが削除されます

Google Chrome の場合

  1. ブラウザーの右上にある、Chrome メニュー をクリックします
  2. [その他のツール] を選択します
  3. [閲覧履歴を消去] をクリックします
  4. [閲覧履歴][Cookie と他のサイトやプラグインのデータ][キャッシュされた画像とファイル] にチェックを入れます
  5. [次の期間のアイテムを消去] [すべて] を選択します
  6. [閲覧履歴データを消去する] をクリックすると、一時ファイルなどが削除されます

Mozilla Firefox の場合

  1. メニューボタン をクリックし、[オプション] を選択します
  2. [詳細] [ネットワーク] と選択します
  3. [キャッシュされた Web ページ] セクションの [今すぐ消去] ボタンをクリックします
  4. [OK] をクリックして [オプション] ダイアログ ボックスを閉じます

互換モード・エンタープライズモードを無効にする (Internet Explorer の場合)

Internet Explorer には、Internet Explorer 6 – 8 を対象に作成された古い Web サイトを正しく機能させるため「互換モード」と「エンタープライズ モード」という互換機能が搭載されています。「互換モード」が有効の場合は Internet Explorer 7 の動作が、「エンタープライズ モード」が有効の場合は Internet Explorer 8 の動作がエミュレートされます。しかし多くの Web サイトや Web アプリケーションは最新のブラウザーを対象に構築されているため、Internet Explorer がこうした古い互換モードで動作していると正しく機能しません (正常に表示/機能しなかったり、制限のある表示に切り替わってしまいます) Web サイトや Web アプリケーションが「互換モード」や「エンタープライズ モード」で表示されているかどうか、以下の方法で確認できます。

  1. Internet Explorer で当該のページにアクセスします
  2. ページが表示されたら、キーボードの F12 を押します
  3. 画面上に「F12 開発者ツール」が表示されますので、[エミュレーション] をクリックします

[モード] セクションの [ドキュメント モード] 欄が上のように [Edge] と表示されていなければ、「互換モード」や「エンタープライズ モード」で表示されています OWA の表示・機能に問題がある場合は、[ドキュメント モード] のドロップダウンリストから [Edge]を選択すると、ページが再読み込みされ本来のモードで表示されます。これで問題が改善して正しい表示・機能になっていれば、トラブルの原因は「互換モード」や「エンタープライズ モード」で表示されていたことです ※この方法での改善は一時的です。F12 開発者ツールを閉じると元の表示に戻ってしまいます ページが「互換モード」で表示する設定になっている場合は、以下の手順で互換表示設定を確認してください。

  1. Internet Explorer を起動し、ツール ボタン をクリックし、[互換表示設定] をクリックします
  2. [互換表示に追加した Web サイト] の欄に正常に機能しないページの URL が無いか探します
  3. URL が見つかったらクリックし、[削除] をクリックし、[閉じる] で終了します

「エンタープライズ モード」で表示されている場合や [互換表示設定] URL が登録されていないのに「互換モード」で表示されている場合は、ネットワークの管理者がポリシーなどで設定している可能性があります。その時は企業内・組織内の管理者に相談してください。 (次回に続く)

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。