Hebikuzure's Tech Memo

2018年12月1日

Office の更新プログラムのダウンロードサイズ

Filed under: Microsoft Office — タグ: , , , — hebikuzure @ 5:06 PM

現在一般消費者向けに提供されている Microsoft Office 製品はすべてクイック実行(C2R)形式になっていて、更新プログラムは自動的にダウンロード /インストールされるようになっています。また企業向け製品でも Office 2016 のボリュームライセンス版を最後に MSI インストール形式での提供は終了し、Office 365 / ボリュームライセンス版 Office 2019 共にクイック実行形式になったので、更新プログラムは同様に自動的なダウンロードとインストールが行われます。

個人の場合、利用しているインターネット接続が従量課金制であったり、利用データー量に上限があったりして、更新プログラムのダウンロード サイズが気になる場合があるでしょう。また企業内でもネットワーク トラフィックの管理上、同様にダウンロード サイズを気にしている管理者の方もいらっしゃるでしょう。

ダウンロード サイズの確認

そのような場合、提供されている Office の更新プログラムのサイズは以下のページで確認することができます。

Office 365 ProPlus の更新プログラムのダウンロード サイズ(https://docs.microsoft.com/ja-jp/officeupdates/download-sizes-office365-proplus-updates)

このページでは更新プログラムの提供が行われる概ね1週間前を目途にそのダウンロード サイズが提供されます(必ずしも1週間前までとは限らないようですが)。例えば下の図のように、2018 年 11 月 27 日に提供された更新プログラムのダウンロード サイズは、2018 年 11 月 13 日 提供のバージョン 1811 (ビルド 11001.20108) から更新する場合で 167MB であることが分かります。

image

ただし、このページの「注意」でも書かれているようにいくつかの留意事項があります。

  • 提供されるサイズは英語版の Office 365 ProPlus のものです。他の言語版や他の(Office 365 Solo などの)エディションではこれとはいくらか異なるでしょう。ただし言語リソースや含まれるアプリケーションの違いを除けば共通する部分も大きいので、概ねの目安にはなるでしょう
  • 提供されるダウンロード サイズ自体「概算」で、実際とは 50MB 程度の差が出る場合があります
  • 提供される更新は累積的であるため、このページで示されているサイズは一つ前の更新適用状態から新しい更新を適用する場合のサイズです。何らかの理由で以前の更新をスキップしている場合、サイズが大きくなる場合があります。

また企業向け Office 365 の場合は更新チャネル(更新のタイミングの指定)を切り替えできますが、「月次チャネル」から「半期チャネル」・「半期チャネル (対象指定)」 から「半期チャネル」など、チャネルを切り替える場合には、 Office 全体を再度ダウンロードしてインストールしなおすすることになるので、少なくとも 1 GB になります。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。