Hebikuzure's Tech Memo

2019年12月18日

新旧 Edge の Side by Side 実行

Filed under: Microsoft Edge, Windows Info — タグ: , — hebikuzure @ 7:22 PM

2020年1月15日に新しい Edge が公開されます。新しい Edge は企業向けのブラウザーという位置付けでさまざまな機能が盛り込まれています。とはいえ既に現在の Edge を既定のブラウザーとして活用している組織やユーザーも少なくないでしょうから、新しい edge にいきなり切り替えできないという場合もあるでしょう。そうした場合、新しい Edge に自動更新されたり Windows Update でインストールされたりすることは Blocker Toolkit を使ってブロックできます

しかし今の Edge を使いつつ、新しい Edge の動作確認や検証をしたいという場合もあります。そうした場合に一番簡単なのは、Blocker Toolkit で新しい Edge の自動適用はブロックしておき、Beta 版 Edge をインストールする方法です。Beta リリースは6週間後に安定板としてリリースされる候補版ですので、基本的に新しい Edge の動作確認・検証で利用するのに問題はないでしょう。

とはいえ現在の Edge を使いつつ、安定板の Edge (Chromium 版) も利用したいというニーズがあります。そうした場合の Side by Side 実行の方法が公開されています。

Side by Side 実行を構成する

新旧の Edge を同時利用するには、そのためのグループポリシーを構成します。

  1. まずエンタープライズ向け Edge のページからポリシー ファイルをダウンロードします。cab ファイルがダウンロードされるので、Windows エクスプローラーで開くと中に ZIP ファイルがあります。この ZIP ファイルを展開します。いろいろなファイルができますが、windows フォルダーの中に admx フォルダーがあるので、開きます。msedge.admx と msedgeupdate.admx がテンプレート ファイルなので、これを C:\Windows\PolicyDefinitions にコピーします(要管理者権限)。また言語ファイル(Windows の表示言語が日本語なら ja-jp フォルダー)も同じ場所にコピーします。
  2. そうるすとグループポリシー エディターの
    /コンピューターの構成 /管理用テンプレート
    /Microsoft edge/Microsoft Edge – 既定の設定/Microsoft Edge の更新、という3つの項目が追加されます。
  3. 以下のポリシーを構成します
    /コンピューターの構成 /管理用テンプレート/Microsoft Edge の更新/アプリケーション/Microsoft Edge でのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する
    このポリシーを有効にすると、新しい Edge がインストールされても従来の Edge が隠されることなく、今までと同様に利用できます。
    コメント 2019-12-18 191445

このポリシーは新しい Edgeがインストールされる前に構成する必要があります。ポリシーの構成前に新しい Edge のインストールが行われると、その時点で従来の Edge は置き換えられてアクセスできなくなります(スタート メニューのタイル、関連付けやピン留めしていたサイトなども全て新しい Edge で開くように変更されます)。後からポリシーの構成を行った場合、再度新しい Edge のインストーラーが実行されるまでポリシーの効果は現れません。またポリシーの効果が現れても、スタート画面や新しい Edge で開くよう変更された関連付け/ピン留めサイトは元に戻りません。

新しい Edge 用の Blocker Toolkit が公開

Filed under: Microsoft Edge, Windows Info — タグ: , — hebikuzure @ 6:41 PM

2020年1月15日に新しい Chromium ベースの Microsoft Edge がリリースされます。

Blocker Toolkit の使い方

現行の Edge を利用している企業やユーザーで、今しばらくは新しい Edge ではなく現行の Edge を利用していたいという希望もあるでしょう。そうした場合に利用できる Blocker Toolkit がリリースされました。

利用方法は簡単で、記載されているダウンロード リンクからファイルをダウンロードして実行します。展開先を聞かれるので適当なフォルダー(デスクトップなど)を指定して進むと、4つのファイルが作成されます。このうちの EdgeChromium_Blocker.cmd を管理者として実行したコマンド プロンプトで /B オプションを付けて実行します。

> EdgeChromium_Blocker.cmd /B

これでWindows Update や自動更新で新しい Edge がインストールされるのをブロックできます。

ただしユーザーが自分でインストーラーをダウンロードして実行すれば、新しい Edge のインストールは可能です。インストールには管理者権限が必要ですので、ユーザーにローカル マシンの管理者権限を与えている場合は注意してください。

同じスクリプトを /U オプションを付けて実行すれば、今度はブロックを解除できます。

レジストリ 情報

このスクリプトでは以下のレジストリを構成します。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate
名前:DoNotUpdateToEdgeWithChromium
データ:0 [ブロックしない] / 1 [ブロックする]

グループポリシー

Tooklit を展開してできた EdgeChromium_Blocker.admx と EdgeChromium_Blocker.adml を使えば、グループポリシーで新しい Edge のブロックを構成できます。

EdgeChromium_Blocker.admx を C:\Windows\PolicyDefinitions に、EdgeChromium_Blocker.adml を C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP に(Windows の表示言語が日本語の場合、それ以外の言語の場合はそれに合わせたフォルダーに)コピーします。

そうするとグループポリシー エディターの

/コンピューターの構成 /管理用テンプレート /Windows コンポーネント /Windows Update

Microsoft Edge (Chromium-based) Blockers が表示され、”Do not allow delivery of Microsoft Edge (Chromium-Based) through Automatic Updates” という項目が現れます。このポリシーを有効にすることで、ポリシーの対象となるクライアントでの自動更新/Windows Update での新しい Edge のインストールがブロックできます。

なおこのポリシーはタトゥーイングされるので、有効にした場合にそれを取り消してインストールを許可するには、かならず無効のポリシーを適用させてください。

2019年11月13日

Microsoft Ignite The Tour Tokyo に登壇します

Filed under: Information — タグ: , — hebikuzure @ 4:24 PM

先日、アメリカ・フロリダ州オーランドで開催された Microsoft のテクニカル イベント “Microsoft Ignite” の内容を凝縮して(ダイジェストして、ともいう)世界各地で開催される “Ignite the Tour” の一環、”Microsoft Ignite The Tour Tokyo” が来る 12月5日~6日、東京(会場 ザ・プリンス パークタワー東京)で開催されます。

このイベントで、以下のセッションに登壇させていただくことになりました。

またこれとは別に、ラーニングパス コンテンツでも以下のセッションを受け持ちます。

  • Microsoft 365 管理センターの新機能 (ADM41)
    Day 2 : 3:15pm – 4:00PM
  • Office 365 グループの導入 (ADM51)
    Day 2 : 4:30PM – 5:15PM

Microsoft Ignite The Tour Tokyo” の参加申し込みは残念ながら現在キャンセル待ちとなっていますが、参加予定の方で新しい Chromium ベースの Edge に興味のある方は、ぜひご聴講ください。

またセッション後には Speaker Q&A も行いますので、こちらにもぜひお立ち寄りください。

Microsoft Ignite The Tour Tokyo” 参加登録ページ
https://register.msignite-the-tour.microsoft.com/tokyo

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。