Hebikuzure's Tech Memo

2018年8月26日

BitLocker の回復パスワードを確認する

Filed under: Windows Tips — タグ: , , , — hebikuzure @ 2:15 午後

Windows のセキュリティー機能にディスクを暗号化する BitLocker があります。

BitLocker と「回復パスワード」

BitLocker 暗号化では復号のために必要となるキーを TPM チップに格納して、暗号化したディスクが同じデバイスに接続されている限りは透過的に復号が行われるようになってるため、ユーザーは普段は復号のための操作をする必要はありません。

追加の構成で TPM チップではなく USB ドライブを使用したり、起動時にパスワードや PIN を求めるようにすこことも可能です。
BitLocker についての詳細は Microsoft Docs の「BitLocker」を参照してください。

ただしデバイスのブート構成が変更された場合や、PC が起動できなくなってドライブを別のデバイスで読み取る必要がある場合、また上記の追加の構成で USB ドライブを紛失したり PIN を忘れたりした場合、「回復パスワード」を使うことで暗号化されたディスクにアクセスすることが可能になります。回復パスワードは 48桁の数字からなるパスワードです。

回復パスワードだ求められる場合については「BitLocker 回復ガイド」の「BitLocker 回復が実行される原因」を参照してください。

BitLocker を有効にする場合、次のようなメッセージが表示されて「回復キー」の保存を求められますが、ここで保存できるのが「回復パスワード」です(資料や UI、実際のデータで用語が混乱していますが、ここで「回復パスワード」が自動生成され、指定した方法で保存できます)。

image

この他に Active Directory ドメインに参加している PC の場合は、ドメイン内のサーバーに自動的に保存されるよう構成できます。
AzureAD に参加している PC では AzureAD に保存することもできます。

回復パスワードが不明になったら

さて、何らかの理由でここで保存した回復パスワードの情報が利用できなくなった場合、例えば利用していた Microsoft アカウントが利用できなくなったり、保存したファイルや印刷物を紛失した場合、設定済みの回復キーを調べなければならなくなります。

回復パスワードを求めれれる状況にならなければ通常の使用には問題ないのですが、ひとたび回復パスワードを求められると、それを入力しない限りそのディスクを読み取ることはできなくなります。

参考:BitLocker 回復キーを探す

参考資料に書かれているように、起動ディスクが暗号化されていて回復パスワードが分からない場合、PC を初期化しなければ利用できなくなります。当然ディスクに保存していたデーターもすべて失われます。

回復パスワードを調べる

設定済みの回復パスワードを調べるには管理者コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

manage-bde.exe –protectors –get C:
(C ドライブを暗号化した場合)

これで最初に保存した時と同じ ID とパスワードを表示することができます。改めてファイルに保存したり印刷したりして、大切に保管しておきましょう。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。