Hebikuzure's Tech Memo

2018年2月2日

Office 2019 は今年後半登場、クイック実行版のみ提供

Filed under: Microsoft Office — hebikuzure @ 5:35 午後

2月1日(米国時間)付で「Changes to Office and Windows servicing and support」という記事が公開され、この中で Office 2019 のリリースとサポート期間についての情報が示されています。

Office 2019 のリリース

以下、Office 2019 のリリースに関するアナウンスの引用です。

  • Office 2019 will ship in H2 of 2018. Previews of the new apps and servers will start shipping in the second quarter of 2018.
  • Office 2019 apps will be supported on:
    • Any supported Windows 10 SAC release
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2018
    • The next LTSC release of Windows Server
  • The Office 2019 client apps will be released with Click-to-Run installation technology only. We will not provide MSI as a deployment methodology for Office 2019 clients. We will continue to provide MSI for Office Server products.

日本語に訳してみると

  • Office 2019 は 2018 年後半に出荷される。アプリとサーバー製品のプレビュー版は 2108 年の第2四半期に開始される
  • Office 21019 アプリは以下でサポートされる
    • すべてのサポートされている Windows10 半期チャネル(Semi-Annual Channel – SAC)リリース
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2018 ※
    • Windows Server の次期 LTSC
  • Office 2019 クライアント アプリはクイック実行インストール テクノロジーでのみリリースされる。Office 2019 クライアントで MSI をデプロイ手法として提供する予定はない。サーバー製品については引き続き MSI を提供する

という内容です。
※Windows 10 Enterprise LTSC 2018 は未提供製品、今年秋にリリース予定と記載されています

Office 2019 のサポート期間

また Office 2019 のサポート ライフサイクルについて、以下のように示されています。

  • Office 2019 will provide 5 years of mainstream support and approximately 2 years of extended support. This is an exception to our Fixed Lifecycle Policy to align with the support period for Office 2016. Extended support will end 10/14/2025.
  • There is no change to the support term for existing versions of Office.

日本語にすれば

  • Office 2019 では 5 年のメインストリーム サポートと概ね 2 年の延長サポートを提供する。これは通常の固定ライフサイクル ポリシーの例外であり、Office 2016 のサポート期間と揃えるためのものである。延長サポートは 2025年 10月 14日に終了する。
  • 既存のバージョンの Office のサポート条項に変更はない

となります。

Office ProPlus のサポート ポリシー変更

この発表では併せて Office 365 ProPlus のサポート ポリシーの更新も以下のように示されています。

  • To clarify our current support practices for ProPlus running on Windows 10, ProPlus will not be supported on Windows 10 Semi-Annual Channel (SAC) versions that are no longer being serviced.
  • Effective January 14, 2020, ProPlus will no longer be supported on the following versions of Windows. This will ensure that both Office and Windows receive regular, coordinated updates to provide the most secure environment with the latest capabilities.
    • Any Windows 10 LTSC release
    • Windows Server 2016 and older
    • Windows 8.1 and older

こちらも日本語訳すると

  • Windows 10 上の ProPlus のサポートの実情を明確にするため、ProPlus は(訳注:Windows として)サポートされなくなった Windows 10 半期チャネル バージョン(SAC)をサポートしない
  • 2020 年 1月 14 日以降、ProPlus は以下のバージョンの Windows をサポートしない。これにより Office と Windows が調和のとれた定期的な更新を受け取ることができ、最新の互換性の下で最もセキュアな環境が提供される
    • すべての Windows 10 LTSC リリース
    • Windows Server 2016 およびそれ以前のバージョン
    • Windows 8.1 およびそれ以前のバージョン

という内容になります。

企業内管理者へのインパクト

Office 2019 については、提供時期はともかくとして、企業の管理者向けでインパクトが大きいのは、Windows Server でサポートされるのが次期 LTSC(Windows Server 2019?)で Windows Server 2016 はサポート対象外になること、クイック実行(C2R)版のみで MSI 版がなくなることの二つでしょう。

前者は特に Windows Server のリモートデスクトップ サービスやそれを利用した RemoteApp の形でユーザーに Office を提供していた組織では、Office の更新(2019 への移行)ではサーバー側の更新も必要となるため、インパクトが大きいと思います。これに関しては “Later this year, Microsoft will deliver new Remote Desktop and desktop virtualization capabilities within the SAC release cadence of Windows 10 Enterprise and Windows Server.”(今年の遅い時期に、Microsoft は新しいリモートデスクトップとデスクトップ仮想化の機能を、Windows 10 Enterprise と Windows Server の半期チャネル リリースのサイクル内で提供する予定です)とされており、実際のプランはこの「新機能」が明瞭になってから考えた方が良いかもしれません。早期に新機能を確認されたい場合は Windows Server Insider プログラムを利用しましょう。

後者については、組織内での Office アプリケーションのデプロイを Active Directory グループポリシーのソフトウェア インストールに依存していた場合、その方法では Office 2019 はデプロイできないということを意味します(グループポリシーでのインストールには MSI パッケージが必要)。そうした組織で Office 2019 への移行が必要となる場合、新たなデプロイ方法(および MSI インストールされている元のバージョンの Office のアンインストール方法)について検討・検証が必要になります。

今後の姿

今回の発表を通じて Microsoft が考える Office アプリケーションと Windows クライアントの将来的なありかたが明確になってきたように思います。

個人的な予測ですが、Office 2016 と Office 2019 のサポートを共に 2025年 10月 14日で終了させるということは、パッケージ製品であれボリュームライセンスであれ、永続的ライセンス(ライセンス買い切り)型の Office 製品は Office 2019 で最後になるのではと思います。それ以降は個人向けも企業向けもすべて Office 365 / Microsoft 365 のようなサブスクリプション製品に統一されるのでしょう。

また Office ProPlus が「すべての Windows 10 LTSC リリース」をサポートしなくなることもポイントです。Microsoft はかねてから LTSB/LTCS は一般的なオフィスワーク環境での利用を想定していないと説明していましたが実際には Office アプリケーションのインストールも可能なので、Windows as a Service による機能更新を避けたい組織などでオフィスワーク環境として利用されるケースもあるようです。サブスクリプション版の Office ProPlus が LTSC をサポートせず、また Windows 10 Enterprise LTSC 2018 をサポートする Office 2019 も 2025年にサポートを終了すれば、LTSC 環境で Microsoft Office を実行したくともサポートされる製品がない、という状況になります。

ProPlus のサポート ポリシーの更新の中でも触れられていますが、2025 年以降はオフィスワーク環境にあるすべての Windows クライアントを Office クライアントが常に最新の機能と更新の状態で動作する(それ以外の状態はサポートされない)という世界がやってきそうです。

企業・組織としては色々な選択肢と独自のスケジュールでのソフトウェア更新のニーズもあるかと思いますが、少なくとも Microsoft のクライアント製品ではそういう選択肢や独自性は排除される方向です。これから Windows と Office の更新の計画をたて、実行する管理者としては、2025年 10月 14日以降は

半期チャネル リリースの Windows とサブスクリプション版(当然 C2R 版)の Office』

という組み合わせ以外の環境にすることはできない可能性がある、という点を念頭に置いて検討されることをお勧めします。

広告

2件のコメント »

  1. Office 2019では2016のように別途有料のインストール用ディスクもなく、オフライン用インストーラーもなく、ネットから直接のダウンロードしかできないのでしょうか。その場合モバイルルータなどでは容量が多すぎて困るのではないでしょうか。

    コメント by 匿名希望 — 2018年2月8日 @ 1:54 午後

    • 企業内などではインターネットに直接接続できないクライアント向けに、社内のサーバーにダウンロードしたインストーラーを社内ネットワーク経由でクライアントに展開する方法はあります。この場合も一度はインターネットからフルダウンロードが必要なので、従量制課金や利用上限のある回線では厳しいですね。
      ただ C2R の場合、更新もインターネット経由でかなり大きなダウンロードが行われるので、ある程度の帯域の確保できない環境で利用するのはなかなか難しいでしょうね。

      コメント by hebikuzure — 2018年3月19日 @ 2:51 午後


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。