Hebikuzure's Tech Memo

2016年10月8日

TCP ポート 445 がブロックされていると Windows 10 に更新後共有フォルダーにアクセスできない

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 6:43 PM

これも「MS16-110 適用後 NAS などの共有フォルダーに接続できない問題」の調べもの中に見つけた情報です。

Windows のファイル共有に利用される SMB ではサーバー側の待ち受けポートてして TCP 445 番ポートが利用されますが、445 番ポートが何らかの理由でブロックされている場合はレジストリの構成で 445 番の代わりに 139 番ポートを使うよう構成することができました。

構成するレジストリは以下の通りです。

キー : HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters
名前 : EnableNetBTForSmb2
種類 : DWORD
設定値 : 1

参考情報 : TCP 445 番ポートが遮断されていると Windows 8、Windows Server 2012 以降の OS からファイル共有通信ができない

しかしこのレジストリ構成をして共有に接続していたクライアントを Windows 10 にアップグレードしたり、新規の Windows 10 にこのレジストリを構成しても、共有には接続できません。これは、上記の参考情報に書かれているように、このレジストリは Windows 10 では利用できず無視されるからです。

SMBv1 以前のファイル共有プロトコルはすでに非推奨となって久しく、将来的に利用できなくなると考えられるので、Windows 10 で SMB によるファイル共有を行う場合は、TCP 445 番ポートをブロックしないようにネットワークを構成しましょう。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。