Hebikuzure's Tech Memo

2015年1月14日

Windows 7 の「メインストリーム サポート」が終了しました

Filed under: Windows Info — hebikuzure @ 11:59 PM


2015年1月14日をもって、Microsoft による Windows 7 の「メインストリーム サポート」が終了しました。終了した「メインストリーム サポート」には以下のものが含まれています

  • 仕様変更、新機能のリクエスト
  • セキュリティ更新プログラム サポート
  • セキュリティ関連以外の修正プログラムの作成の新規リクエスト
  • 無償サポート (ライセンス、ライセンス プログラムおよび、その他の無償サポートを含む)
  • 有償サポート (インシデント サポート、時間制サポート)

「メインストリーム サポート」が終了すると、「延長サポート」フェーズに移行します。Windows 7 の延長サポートは 2020年1月14日まで継続します。延長サポートには以下のものが含まれています

  • セキュリティ更新プログラム サポート
  • 有償サポート (インシデント サポート、時間制サポート)

メインストリーム サポートでも「仕様変更、新機能のリクエスト」「セキュリティ関連以外の修正プログラムの作成の新規リクエスト」には企業向けのサポート契約が必要なので、個人ユーザーの場合メインストリーム サポートの終了ですぐに直接的な影響を受けるのは無償サポートが終了すること位でしょう。Windows 7 はユーザー数も多いため、サードパーティー製の周辺機器やソフトウェアも当面は Windows 7 への対応が打ち切られることはないでしょう。(Windows Vista はユーザー数が少なかったせいか、結構さっくり対応を打ち切った所もありますが)

とは言え今年には新しいバージョンの Windows (Windows 10) がリリースされますし、Windows 7 の初期に購入した PC はそろそろハードウェア的な寿命も考えないとならなくなっているでしょう。現在 Windows 7 を利用していて PC をこれからも利用していく、という場合はこれを機に新しい Windows への移行について検討を始める時期です。

新しい Windows への移行については、以下のようにいくつかの考え方があります

  1. 現在利用している PC を早期に Windows 8.1 Update (現行の最新バージョン) にアップグレード (アップグレード インストールまたは新規インストールしなおし)
  2. Windows 8.1 Update (現行の最新バージョン) の新しい PC を導入
  3. Windows 10 がリリースされたら現在利用している PC をアップグレード (アップグレード インストールまたは新規インストールしなおし)
  4. Windows 10 がリリースされたらプリインストールの新しい PC を購入

現在利用している PC が比較的新しい物 (経年2年くらい以内) であれば「1.」が一番良いと思います。その位新しい PC であれば PC メーカー自体が Windows 8 や Windows 8.1 へのアップグレードをサポートしているか、公式にサポートしていなくともドライバーなど利用に必要なソフトウェアの入手が容易です。もし Windows 10 のリリース後、そちらを利用したくなった場合でも、バージョンが近いほどアップグレードは容易になります。ただし、どうしても現行の Windows 8.1 のユーザー インターフェースになじめそうになく、Windows 10 に期待している、という場合は「3.」も良いでしょう。

現在の PC がある程度経年の高い場合、特に Windows Vista 以前の Windows がプレインストールで、Windows 7 はアップグレードや新規インストールで利用しているという場合は、「2.」または「4.」が現実的な選択肢になるでしょう。もちろん「1.」「3.」も不可能ではありませんが、特に Vista 以前機種の場合は性能がネックになる可能性も考えられますし、またドライバーなどの入手でハードルが高くなる可能性もあります。

また、現在の PC の利用形態によっては Windows PC ではなく Chromebook のような PC や、Androdi タブレット、iPad などのタブレットに移行しても問題ないかもしれません。

Internet Explorer のサポート

Windows に付属する Internet Explorer については、一部で Windows と異なるサポート期限が設けられています

2016 年 1 月 12 日以降、どの Windows についても、インストール可能な最新版の Internet Explorer のみがサポート対象となります。そしてサポートの内容が「メインストリーム サポート」になるか「延長サポート」になるかは、インストールされている Windows のサポートに準じます。サポートされる Windows と Internet Explorer の組み合わせは以下の表のようになります。
※ 最新バージョン以外の Internet Explorer は (Windows のサポート フェーズに関わらず) サポート終了となり、セキュリティ修正を含む修正プログラムの提供や有償無償のサポート (インシデント/時間制) を受けることができなくなりますので、要注意です。

Windows

Internet Explorer

サポート内容 / 期間 (※)

Windows Vista Internet Explorer 9 延長サポート (最長 2017/04/11 まで)
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11 延長サポート (最長 2020/01/14 まで)
Windows 8 Update Internet Explorer 11 メインストリーム サポート (最長 2018/01/09 まで)

※ 新しいバージョンの Internet Explorer が提供された場合、サポート期間は変更されます

次期 Windows に搭載される Internet Explorer では、より相互運用性 (他のブラウザーと同じように動作すること) が重視され、後方互換性 (以前のバージョンの Internet Explorer と同じように動作すること) は重視されなくなるようです。古いブラウザーを利用する理由はどんどんなくなっている状況ですから、もし上表より古い Internet Explorer を利用している場合は、すぐに更新しましょう。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。