Hebikuzure's Tech Memo

2014年8月20日

TrustedInstaller (Windows Modules Installer) が Error 126で起動できない

Filed under: Windows トラブル — hebikuzure @ 9:32 PM


Error message when you start the Windows Modules Installer service (TrustedInstaller): "System Error 126: The specific module could not be found"
http://support.microsoft.com/kb/959077/en-us


Windows Vista 以降も、Windows 7 や Windows 8 / 8.1 では Windows コンポーネントのインストール/アンインストールや更新プログラムのインストール/アンインストール の際に TrustedInstaller サービスが起動され、処理が行えます。TrustedInstaller は Windows のシステム ファイルに対して高い特権で動作するようになっており、それ以外のプロセス (ユーザーの誤操作や誤った動作をするサードパーティのアプリケーション、さらにはマルウェア) から重要なファイルを保護しています。

そのように重要な役割を持っている TrustedInstaller ですから、何らかの理由で正しく動作しなくなると、Windows の機能の有効化 / 無効化や更新プログラムのインストールなどがエラーで行えなくなってしまいます。例えば以下のようなエラー メッセージが出たり

2717860

コマンド プロンプトで net start TrustedInstaller を実行すると、以下のように ”System error 126” が発生します。

2717861

このようなエラーが発生する場合の対処方法についてのサポート技術情報が公開されていますので、簡単に解説します。

Error message when you start the Windows Modules Installer service (TrustedInstaller): "System Error 126: The specific module could not be found"
http://support.microsoft.com/kb/959077/en-us

このエラーの原因として、以下のレジストリ キーの破損が考えられます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Version

その場合、正しい構成に戻すことでエラーが改善できる場合があります。その手順は以下の通りです。

  1. C:\Windows\Servicing\Version を開くと中に "6.1.7600.16385" というような数字で構成されたフォルダーがあります。このフォルダー名を TrustedInstaller ID として控えておきます
  2. C:\Windows\WinSxS を開き、以下のような名前のフォルダーを見つけます (実際には _none の後ろにまだ続きます)
    32-bit Windows
    x86_microsoft-windows-servicingstack_31bf3856ad364e35_TrustedInstaller ID_none……
    64-bit Windows
    amd64_microsoft-windows-servicingstack_31bf3856ad364e35_TrustedInstaller ID_none……
  3. 見つかったフォルダー名を控えておきます。
  4. レジストリ エディターを開き、以下のキーを開きます
    キーが無い場合は作成します。作成する場合はまず “Component Based Servicing” キーの所有者を取得する必要があります
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Version
  5. Version キーの配下に、既定以外に以下のような値が一つだけ存在するように編集します
    名前 : 1. で調べた TrustedInstaller ID
    種類 : REG_EXPAND_SZ (展開可能な文字列)
    データ : %SystemRoot%\WinSxS\3. で控えたフォルダー名 (C:\WIndows\WinSxS\ としてはダメです)
  6. レジストリ エディターを終了し、TrustedInstaller が起動できるか確認します
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。