Hebikuzure's Tech Memo

2014年5月29日

JScript.NET の環境を作成する

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 5:27 PM


たぶんもう二度とやらないだろうけど、JScript.NET のコンパイル環境を作ったのでその手順のメモです。

JSオジサン 「俺の話を聞け、5分だけでもいい」 #2 (http://atnd.org/events/50606) のライトニング トーク「君よ知るや JScript.NET」のデモのために環境を作りました

  1. Windows 7 SP1 環境を用意します
    今回は Microsoft Azure の仮想マシンを A1 インスタンスで作成して利用しました
    仮想マシンを作成したら、Windows Update を実行して最新の状態にしておきましょう
  2. MSDN サブスクリプションから Visual Studio Professional 2005 DVD をダウンロードします
  3. ダウンロードしたファイルは ISO イメージなので、マウントするために Virtual CloneDrive をダウンロード / インストールします
  4. Virtual CloneDrive がインストールできたら、ダウンロードした ISO イメージをマウントします
  5. 自動実行でインストールを開始するか、ISO の vs フォルダー内の autorun.exe を実行してインストールを開始します
  6. 後は「Windows Vista に Visual Studio 2005 をインストールする方法」(http://support.microsoft.com/kb/936453/ja) の手順に従って、インストールを進めます
    Visual Studio 2005 –> Visual Studio 2005 SP1 –> Visual Studio 2005 Service Pack 1 Update for Windows Vista の順にダウンロードとインストールを繰り返します
  7. Visual Studio 2005 Service Pack 1 Update for Windows Vista のインストールが完了したら、環境の作成は完了です

JScript.NET のコンパイルと実行の手順も簡単にまとめます。

  1. JScript のソースコードを作成します。作成は Visual Studio IDE のコード エディタでも、メモ帳などのテキスト エディタでも何でも構いません。
  2. 作成したソースを .js の拡張子で保存します。
  3. [スタート] – [すべてのプログラム] – [Microsoft Visual Studio 2005] – [Visual Studio Tools] – [Visual Studio 2005 コマンド プロンプト] を開きます
  4. ソースを保存したディレクトリにカレントを移動します
  5. 以下のコマンドでソースをコンパイルします
    jsc (ソース ファイル名).js
  6. カレント ディレクトリに実行ファイルが作成されます。

流石にいまさら JScript.NET で何かやろうという事は無いので、デモが終わったら環境ごと仮想マシンを削除してしまうと思いますが、もしたしたら役立つことがあるかもしれないのでメモとして手順を残しておきます。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。