Hebikuzure's Tech Memo

2013年12月19日

ユーザー設定互換表示リストが消える

Filed under: Yet Another Internet Explorer Advent Calendar 2013 — hebikuzure @ 11:31 PM


この記事は “Yet Another Internet Explorer Advent Calendar 2013” の 19 日目です。


Internet Explorer の互換表示リストの機能についてはこちらの記事でも紹介しましたが、Microsoft が提供する互換表示リスト (CV リスト) だけでなく、「ユーザーがユーザーごとの互換表示リストに登録する」方法でも互換表示の設定をする事ができます。
この機能について、某 NDA なメーリング リストでユーザーが登録した互換サイトのリストが突然消えてしまったという話題が盛り上がっていましたので、これについて簡単に解説します。

IE8 ~ 10 ではこちらの手順で、IE11 ではこちらの手順でユーザー自身が登録した互換リストは、登録と逆の操作で削除できる他、閲覧の履歴を削除した際にも削除されます。この事があまり知られていなかったようで、そういえばこのブログでも紹介したことがなかったなあと思った次第です。
この動作については We know IE! ブログの 2009年5月23日の記事「Understanding Compatibility Modes in Internet Explorer 8」に書かれています。その部分を引用すると

Web sites that are late in adopting to IE 8 Standards need a way to be easily removed from user’s Compatibility View Lists. IE 8 has several ways in which a site can be removed from this list:

  1. Deselecting the “Emulate IE7” button
  2. Directly editing the compatibility list
  3. Deleting the browsing history
  4. Overriding from the site

となっています。という訳でインターネット オプションなどから閲覧の履歴を削除すると、ユーザー登録の互換表示リストが削除されるのは、IE8 から IE11 まで共通の既定の動作です。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。