Hebikuzure's Tech Memo

2012年7月16日

Excel で削除権限のないUNC パスフォルダに保存できない

Filed under: Microsoft Office — hebikuzure @ 11:06 AM

"Access Denied" error message when you save a workbook to a UNC share in Excel 2010
http://support.microsoft.com/kb/2589410/en-us


Windows PC のネットワークで、UNC パスを使ってアクセスするネットワーク共有にファイルを保存して複数のクライアントから利用するケースは多いでしょう。その場合、不用意に既存のファイルを削除してしまう事が無いよう、利用するユーザーのアクセス権で「削除」権限を与えない事も多いでしょう。

フォルダのプロパティの [セキュリティ] で、”フルコントロール” を有効にせず “変更” 以下を有効にすると、この図のように [削除] 権限は与えられません。

image

ところがこの設定で運用した場合、共有フォルダに保存している Excel ファイルを Excel 2010 で開いて編集し、上書き保存しようとするとエラーが発生して保存できません。この現象と回避策について以下のサポート技術情報が公開されています。

"Access Denied" error message when you save a workbook to a UNC share in Excel 2010
http://support.microsoft.com/kb/2589410/en-us

こうしたエラーは他のバージョンの Excel でも発生するのですが、Excel 2010 にはこれを回避するための修正プログラムが用意されたので、この技術情報が作成されています。他のバージョンでの現象については、以下の技術情報も参照してください。

Description of the way that Excel saves files
http://support.microsoft.com/kb/814068/en-us
(日本語版 Excel のファイル保存方法について http://support.microsoft.com/kb/814068/ja)

You receive an error message when you try to save a file in Excel
http://support.microsoft.com/kb/214073/en-us
(日本語版 Excel でファイルの保存時にエラー メッセージが表示される http://support.microsoft.com/kb/214073/ja)

You may receive a "Your changes could not be saved" error message when you try to save a file to a network drive in Excel
http://support.microsoft.com/kb/813973/en-us
(日本語版 ネットワーク ドライブにファイルを保存する際に "変更を保存できませんでした" というエラー メッセージが表示される http://support.microsoft.com/kb/813973)

Excel では保存の際に、元のファイルとは別に編集内容を反映した一時ファイルを作成し、元のファイルを削除した上で一時ファイルを元のファイル名に変更するという手順を取ります。そのため保存先のフォルダに対して削除の権限が無いと、正常に保存のプロセスを行うことができないのです。

この動作に対して、削除権限が無いフォルダに対しても保存できるようにする回避策が技術情報 2589410 で説明されています。回避策は以下の通りです。

  1. Description of the Office 2010 hotfix package (Mso-x-none.msp): August 30, 2011
    http://support.microsoft.com/kb/2553034/en-us
    の修正プログラムを入手し、インストールする
  2. レジストリのキー
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\General
    に以下のレジストリ値を作成する
    名前 : EnableSimpleCopyForSaveToUNC
    種類 : REG_DWORD
    データ : 1

修正プログラムはページ左上の [Hotfix Download Available] をクリックし、フォームに必要事項を入力して送信すると、ダウンロード案内のメールが届きますので、それに従ってダウンロードします。
これで削除権限のない UNC パスの共有フォルダに Excel 2010 からブックを保存できるようになるのですが、制限事項もあります。

  • 削除権限のない共有フォルダには一時ファイルが残ります。共有フォルダは <英数文字8文字>.tmp という形式の名前です。これは何らかの方法で定期的に削除する事が望ましいと考えられます。
  • 保存の際に UNC パスへのネットワーク接続が失われていると、ファイルが破損します。

いずれも副作用としては問題の多い動作なので、この回避策の適用は慎重に検討した方がよさそうです。
この回避策を適用しない場合は、ブックはいったんローカル フォルダなどの削除権限のある場所に保存し、その後で共有フォルダにコピー(または移動)する運用での対処が良いでしょう。

関連記事

サーバー上の共有フォルダで Excel ファイルを上書き保存するとファイルが失われる

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。