Hebikuzure's Tech Memo

2012年3月3日

Internet Explorer 10 Consumer Preview のマイナーな変更点リスト

Filed under: Internet Explorer — hebikuzure @ 11:15 PM

Internet Explorer 10 Consumer Preview Minor Changes List
http://blogs.msdn.com/b/ieinternals/archive/2012/03/01/ie10-beta-consumer-preview-minor-changes-changelist.aspx


Windows 8 Consumer Preview が公開されました。それに含まれる IE も Internet Explorer 10 Consumer Preview に更新されています。このバージョンでの変更点について解説している、EricLaw’s IEInternals の記事を私訳しました。記事中にも書かれていますが、ここに示されているのは他で取り上げられていないマイナーな(しかし開発者や管理者にとっては結構重要な) 変更点のみです。メジャーな変更点については IEBlog の記事や開発者ガイドIE10 Compatibility Cookbook も確認してください。

以下の文章は EricLaw’s IEInternals の 2012/3/1 の記事 Internet Explorer 10 Consumer Preview Minor Changes List を hebikuzure が私的に試訳したものです。翻訳については Microsoft Corporation および日本マイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 10 Consumer Preview のマイナーな変更点リスト

EricLaw [MSFT]

2012年3月1日 午前10時32分

昨年公開した IE9 マイナーな変更点リスト (@hasegawayosuke さんによる日本語訳)に引き続き、この記事では Windows 8 Consumer Preview に含まれる Internet Explorer 10 で確認できるマイナーな変更点について説明しています。

ここではカバーしきれないほど多数の変更がありますので、これが完全なリストであると誤解しないでください。また既に IEBlog で説明されている大幅な機能向上については意図的に省いている事にも地優位してください。このブログで解説してきた、結果や機能に影響を与えるような改善点については BetterInIE10 タグで検索して見つける事ができます。

難しい話はこれまでにして、IE10 のマイナーな変更点を紹介します:

  • Firefox や Chrome、そして最新の標準と合致するよう、サイト間のリダイレクトの際にフラグメントは維持されます。
  • 他のブラウザーの動作や RFC2616 で許されているように、Internet Explorer も 進む/戻る のナビゲーションで no-cacheを無視するようになります。
    • 同じく、RFC2616 では条件付き GET は no-cache リソースの再評価も許されています。
    • 進む/戻る のナビゲーションでリソースの再利用を阻むには、no-store を利用します。
  • サーバーから HTTP/204 が返されても、XMLHttpRequest が “1223” エラーで失敗しないようになりました。
  • ページをリロードするため CTRL+F5 を利用した際、XMLHttpRequest はキャッシュ破棄フラグに従った動作をします
  • XMLHttpRequest の getResponseHeader メソッドは、同名の複数のヘッダーが存在するイベントの、全ての値が結合された文字列を返すようになりました。
  • XMLHttpRequest は CORSCOMET-streaming、さらにその他色々を新たにサポートします。
    • 注: Consumer Preview にはバグがあり、HTTP->HTTPS および FTP->HTTPS リクエストを生成できません。このバグは今後の IE10 の更新で修正されます。
  • IE10 は LINK REL=dns-prefetch をサポートするようになりました。IE9 では dns- prefetch のトークンがまだ定義されていなかったため、LINK REL=prefetch にだけ DNS の先読みを行っていました。
  • HTTPS の混在したコンテンツについての警告は、数秒で自動的に消えるようになりました。
  • IE10 標準モードでは、host とパス名の DOM プロパティーが予期しない結果を返さにないようになりました。
  • Internet Explorer は VPN またはモデム接続がアクティブな場合でも、ホストごとの接続数 (Connections-Per-Host) の制限を 2 に低減しません。制限は 6 のままです。
  • 他のブラウザーと同様になるよう、CTRL;U のキーボード コンビネーションでソースの表示が開きます。
  • CTRL+SHIFT+B でお気に入りバーの表示が切り替えできます。
  • PNG gAMA が Windows 8 でサポートされます。
  • ダウンロードマネージャーは、サーバーが Content-Length ヘッダーを返していない場合でも、正しいダウンロード スピードを正しく表示します。
    • IE9 ではそのような場合、ダウンロードが一定のレートで進行している場合でも、ダウンロード スピードが次第に低速になるように表示されていました。
  • SCRIPT DEFER の動作が修正され仕様に準拠するようになりました。(async もサポートされます)
  • スタイルシートの制限は劇的に改善されました。
  • 相互運用性のため、BASE 要素が相対パスをサポートするようになりました。
    • それでもやはり、皆さんは BASE 要素内で相対 URL を利用しないよう、また可能であれば BASE 要素の利用を避けるようお願いします。
  • IE10 以前のバージョンでは、フォームの name/id がウィンドウのビルトイン プロパティーと競合していた場合、スクリプトからの参照はフォーム要素に解決されていました。この現象は発生しなくなりました。
  • Windows 7 およびそれ以前の Windows では、カスタム プロトコル スキームを ShellExecute しようとした場合、ShellExecute は最初にプロトコル スキームが登録された Application Protocol であるか確認します。登録されていない場合、次にスキームが IE に登録された Asynchronous Pluggable Protocol であるか確認します。そうであれば IE が起動され、URL が渡されます。Windows 8 では、asynchronous pluggable protocol のチェックへフォールバックは発生しません。そのためターゲットのプロトコルが登録された application protocol でなければブラウザーは起動しません。こうした事の結果、RES:// プロトコルが application protocol として登録されています。
  • Mailto リンクで UTF-8 を使う オプションは INETCPL (インターネット オプション) から削除されました。IE は ShellExecute API に常に Unicode を渡します。
  • Application Protocols の可用性を、msProtocols コレクションを使ってJavaScript から検知できるようになりました。
  • IE10 がプレリリース バージョンである事を検知できるよう、window.navigator.appMinorVersion 文字列に “BETA” が設定されています。

プレビュー版については IEBlog開発者ガイドをご覧いただき、TestDrive のデモをお試しください。また IE10 で変更されたり廃止されたりする機能については IE10 Compatibility Cookbook もご確認ください。最後に、Web プラットフォーム API の詳細な情報について IE10 Web Platform Features の記事をご覧ください。

-Eric

注: 2012/3/5 コメントでいただいたご指摘を元に、一部訂正しています。

Windows 8 Consumer Preview のインストール

Filed under: Windows Info — hebikuzure @ 2:35 PM

Windows 8 Consumer Preview
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/consumer-preview


以前の記事で Windows 8 Developer Preview のインストールを試した事を書きましたが、Windows 8 Consumer Preview が公開されたので同じマシンにインストールしてみました。操作などは Developer Preview を使って慣れてきていたのですが、細かな部分がよりチューニングされて使いやすくなっています。また全体的な動作速度も Developer Preview に比べると早くなっていて、さらに最適化が進む製品版には期待ができそうです。各機能や使い方の解説は多くの方が記事やブログで書かれていますので、そちらに譲ります。

ちなみに Windows 8 Consumer Preview のインストールに使ったマシンは以前の記事にも書いたように HP Business Desktop dx5150 SF という、元々は Windows XP SP2 がプリインストールされていたマシンです。これでエクスペリエンス インデックスが「2.2」で最低の項目が「Aero のグラフィック」 (Developer Preview の時より 0.2 向上) という事なので、日常的な Web ブラウジングやメール、SNS、Office アプリケーションの利用では普通に使えるレベルなのですから、恐れ入ります。(Windows 7 や Developer Preview の時と同様、ディスプレイ ドライバーはベンダーのサイトから Windows Vista 用ドライバをダウンロードして適用しています)

一つになるのは、Metro スタイルのアプリケーションとして提供されているメール アプリケーションで、一般的な POP/SMTP や IMAP のアカウントが作れない事です。このアプリでアカウントとして設定できるのは Hotmail と Gmail、Exchange のアカウントに限られています。そのためプロバイダーのメールや Exchange ではない企業内メールなどはそのままでは利用できません。Hotmail、Gmail、Exchange のいずれも外部の POP/SMTP アカウントを接続して送受信する事ができますから、そちらの設定で回避する事は可能ですが、ちょっと面倒ですね。いずれは Store POP/SMTP にも対応したメール クライアントを公開するベンダーも出てきそうですが、ちょっと注意が必要です。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。