Hebikuzure's Tech Memo

2011年6月4日

人気記事ベスト20

Filed under: Information — hebikuzure @ 1:26 PM


この Hebikuzure’s Tech Memo の、ここ3か月間の人気記事 (ページ ビューの多い記事、トップページは除く) を調べてみました。その結果は以下の通りです。

  1. サーバー上の共有フォルダで Excel ファイルを上書き保存するとファイルが失われる
  2. Windows Vista では %windir%¥WinSxS フォルダーが肥大する
  3. Windows Media Player で DRM 保護されたコンテンツを再生できない
  4. Windows の更新プログラムで修正プログラムをインストールする方法
  5. Internet Explorer のカスタマイズ – メニュー バーの位置を変える
  6. Excel 2007 でセルをクリックすると複数セルが選択されてしまう
  7. 自動的なコンピュータアカウントパスワード変更を無効にする方法
  8. IE8 の セッション Cookie と sessionStorage
  9. Windows ライセンスの確認が 0x80070426 で失敗する
  10. 標準ユーザーでログオンすると RunOnce / RunOnceEX キーのコマンドが実行されない
  11. Windows Vista (と Windows 7) の powercfg ユーティリティ
  12. Internet Explorer のパスワード キャッシュを無効にする方法 (追加情報)
  13. Internet Explorer のサポート ツールとデバッグ ツール
  14. SysPrep を実行すると、Default Userへのカスタマイズが失われる
  15. IE9 のインストール後、IE を起動できない場合の対処方法
  16. IE8 のカスタマイズ
  17. Excel の計算範囲に結合セルが含まれている場合に意図しない結果になる
  18. 私のお気に入りの IE アドオン: Ralph Hare の Mouse Gestures
  19. FQDN または IP アドレスを使用すると、イントラネット サイトがインターネット サイトとして識別される
  20. ターミナル サービスでサーバー上の既定の IME を使用する方法

1位の Excel ファイル消失トラブルは断然トップですね。この現象で悩まされている人が少なくないのでしょうか。WinSxS フォルダについての情報も以前から閲覧数が多いページです。最近のページでは 15位の IE9 インストール後起動不可の件。これも遭遇する人が少なくないのでしょうか。これらの記事が皆さんの役に立っていれば幸いです。

広告

2011年6月3日

リモート デスクトップ接続のコンピュータ名履歴を削除する

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 1:43 PM

MSKB 312169
How to Remove Entries from the Remote Desktop Connection Computer Box
http://support.microsoft.com/kb/312169/en-us


Windows の便利な機能の一つにリモート デスクトップ接続があるが、多くの Windows の機能と同様にいったん接続したリモート コンピュータ (サーバー) のコンピュータ名は記憶され、次回にリモート デスクトップ接続を起動した際、[コンピューター名] ボックスのドロップダウン リストからコンピュータ名を選択できるようになる。

image

これはこれでありがたい機能ではあるが、場合によっては一時的に接続しただけのサーバーや、既に存在しなくなったサーバーなど、不要な項目が残っていつまでも表示され、誤選択の原因となる場合もあるだろう。
上記のサポート技術情報では、[コンピューター名] ボックスのドロップダウン リストに表示されるコンピュータ名のリストを削除する方法について解説されている。

この接続履歴は以下のレジストリ キーに保存されている

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Terminal Server Client\Default

このキーに MRU0 から MRU1MRU2… と順に番号が振られた値が存在し、そのそれぞれに過去に接続したコンピュータ名が記録されている。そのためこのレジストリ値を削除する事で、接続の履歴を削除する事ができる。

なおサポート技術情報の対象 OS は Windows XP Professional と書かれているが、手元で確認したところ Windows 7 でも同様の動作となっており、上記のレジストリ値の削除で [コンピューター名] ボックスのドロップダウン リストを空にすることができた。

ただし Windows XP でも Windows 7 でも最近に接続したコンピュータ名 ([コンピューター名] ボックスに最初に表示されているコンピュータ名) は上記の方法では消えない。この情報はレジストリではなく、Default.rdp ファイルに記録されているためだ。これも削除するには、以下の手順を行う。

  1. リモート デスクトップ接続を開く
  2. [コンピュータ名] ボックスに表示されているコンピュータ名を Del キーなどで削除する
  3. [オプション] をクリックする
  4. [保存] ボタンをクリックする
  5. [×] (閉じる) ボタンでリモート デスクトップ接続を閉じる

または Default.rdp ファイル自体を削除してもよい。Default.rdp ファイルは通常ユーザーのドキュメント (XP の場合は マイ ドキュメント) フォルダに作成されている (隠しファイルなので注意)。

« Newer Posts

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。