Hebikuzure's Tech Memo

2011年6月23日

MS11-043 (KB2536276) をインストールすると、Samba サーバーに接続できなくなる

Filed under: Windows トラブル — hebikuzure @ 10:36 PM

MS11-043: Vulnerability in SMB Client could allow remote code execution: June 14, 2011
http://support.microsoft.com/kb/2536276/en-us

今月のセキュリティー更新プログラムとして公開されたSMB クライアントの脆弱性に関する修正プログラムをインストール後、一部の Samba サーバー (Linux ベースのサーバーや、NAS) のネットワーク共有にアクセスできなくなる現象が発生する場合があります。この問題はクライアントとサーバーが平文のパスワードを利用するように構成されている場合に発生します。(Bug 8238 -Windows security patch KB2536276 prevents access to shares)
この現象とその回避策はサポート技術情報 2536276 に記載されていますので、もし修正プログラムのインストール以降 Samba ベースのネットワーク共有にアクセスできなくなった場合、以下の回避策を試してみましょう。
回避策
Samba サーバー側

構成ファイル (通常は smb.conf) に

Encrypt passwords=Yes

を追加する

クライアント側

以下のレジストリ値を構成する (レジストリ値が存在していれば下記のデータに修正し、もし存在していなければ作成する)

キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\services\LanmanWorkstation\Parameters
名前 : EnablePlainTextPassword
種類 : REG_DWORD
データ : 0

構成後、コンピュータを再起動する

さらにドメイン名またはワークグループ名が UNICODE で 3 文字未満の場合に問題が発生するので、最低でも 3 文字以上の名前とする

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。