Hebikuzure's Tech Memo

2011年1月7日

Msinfo32.exe ツールを実行すると、エラー メッセージが表示される

Filed under: Windows ツール, Windows トラブル — hebikuzure @ 6:20 PM

You may receive an error message when you run the Msinfo32.exe tool in Windows 7 or Windows Server 2008 R2
http://support.microsoft.com/kb/977620/en-us


別のブログでは書いていたが、こちらでは紹介していなかったので、改めて最新情報を含めて掲載しておこう。

Msinso32 (システム情報) ツールは Windows のハードウェア / ソフトウェアのさまざまな情報を収集・表示してくれる便利なツールだが、特定の Windows 7 / Windows Server 2008 R2 環境ではこのツールの実行時にエラーが発生する事が確認されている。「特定の環境」というのは、Microsoft Office IME 2007 SP2 または Microsoft Office IME 2010 がインストールされていて、それか標準の IME に設定されている場合だ。
この環境で Msinfo32.exe を実行すると、エラー メッセージが表示されてシステム情報を収集できない場合がある。また /nfo や /report などのスイッチを付けて Msinfo32.exe を実行して直接システム情報をファイルに書き込もうとすると、ファイルは作成されるが内容が空 (エラー メッセージだけ) になってしまう。

この問題は元々 IME 2007 SP2 で発生する事が上記のマイクロソフト サポート技術情報に掲載されていたのだが、私が仕事で検証をしてして IME 2010 でも発生する事や /nfo や /report などのスイッチを付けた際の挙動を確認した。そのためマイクロソフトのサポートに調査を依頼していた件で、その調査結果を反映させてサポート技術情報 (英語版) が更新されたので、このブログでも取り上げている。
いずれの IME がインストールされている場合でもエラーの原因は Windows に含まれる Msinfo.exe の不具合で、修正プログラムが用意されている。また標準の IME を Office IME 以外のものに変更する事でも現象が回避できる。

修正プログラムの入手方法や IME の変更方法についてはこちらに書いているので参照してほしい。
またこの修正プログラムは近くリリースされる予定の Windows 7 Service Pack 1 / Windows Server  2008 R2 Service Pack 1 に収録される。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。