Hebikuzure's Tech Memo

2010年9月20日

Internet Explorer のアクセラレータを Firefox と Chrome で利用する

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 11:09 AM

Internet Explorer 8 には「アクセラレータ」という便利な機能が備わっている。Web ページ内のテキストを選択すると表示される青いアイコンをクリックすると、選択している文字列を利用した Web 検索や辞書検索、地図検索、翻訳などが簡単に実行できる。

アクセラレータ

このアクセラレータは Internet Explorer 8に最初から含まれている物以外に Internet Explorer アドオン ギャラリーで追加することもできる。

さてアクセラレータは便利なので Internet Explorer 以外のブラウザーでも利用出来たらいいなあと思う人も居るだろう。そこは何でもアリのインターネットなので、Mozilla Firefox や Google Chrome にはそれぞれアクセラレータの動作を追加する拡張機能 (アドオン) が用意されている。それぞれのアドオンは以下のページからインストールできる。(それぞれのブラウザーで各ページにアクセスし、[Firefox に追加] や [インストール] ボタンをクリックするとインストールできる)

どちらのアドオンも Internet Explorer 8 と同様に Internet Explorer アドオン ギャラリー で提供されているアクセラレータが追加できるようになっているのだが、サイト側でアクセスしているブラウザーのチェックをしている関係で、現時点では IE8 Activities (Accelerators) for Firefox でアドオン ギャラリーからアクセラレータを追加しようとすると「Internet Explorer 8 を利用してください」というメッセージが表示されてインストールできない。(Chrome + earch & IE8 Accelerators はアドオン ギャラリーから問題なくアクセラレータを追加できる)
そこで  Firefox + IE8 Activities (Accelerators) for Firefox でもアドオン ギャラリーで配布されているアクセラレータをインストールして利用できる方法を考えてみた。

アクセラレータ自体は Firefox + IE8 Activities (Accelerators) for Firefox で利用できるのにインストール時にブラウザー チェックで撥ねられるだけなのだから、Internet Explorer アドオン ギャラリーとは別のサイトからアクセラレータをインストールできるようにすれば、問題なく利用できるはずだ。

ここで、アクセラレータのインストール方法は  OpenService アクセラレータ開発者向けガイドに記載されている。具体的にはインストール元となる Web ページから JavaScript で window.external.AddService メソッドを呼び出して、アクセラレータの本体 (XML ファイル) をクライアントにダウンロード / インストールさせればよい。

次にインストールさせるアクセラレータの XML ファイルだが、これは Internet Explorer 8 にインストールされたファイルを再利用すればよい。具体的には、以下のフォルダにインストールされているアクセラレータの XML ファイルが置かれているので、これをコピーして利用する。

%UserProfile%AppDataLocalLowMicrosoftInternet ExplorerServices

アクセラレータのインストール元となる Web ページは必ず Web サーバーから http: または https: プロトコルでアクセスしないといけないので (ファイル システムとして file: プロトコルで開くとインストールできない) 、ローカル ホストでもよいので Web サーバーを用意する。Windows なら IIS をインストールするか、Apatch をインストールすればよい。次にその Web サーバーでアクセラレータのインストール元となる Web ページを公開する。

アクセラレータのインストール元となる Web ページでは、以下のようなコードでアクセラレータのインストールを開始するボタンを付ける。

<p>
インストールさせたいアクセラレータ名<br/>
<button onclick=”window.external.addService(‘Filename_of_XML_File‘)”>Install</button>
</p>

Filename_of_XML_File にはアクセラレータの XML ファイルのファイル名を記述する。そしてこの Web ページと同じ仮想ディレクトリにアクセラレータの XML ファイルをコピーしておく。

準備ができたら IE8 Activities (Accelerators) for Firefox をインストールした Firefox でこの Web ページにアクセスし、[Install] ボタンをクリックすると指定したアクセラレータがインストールできる。

以上のように現状はちょっと面倒なのだが、Chreome + Universal Search & IE8 Accelerators ではアドオン ギャラリーから問題なくアクセラレータがインストールできるので、IE8 Activities (Accelerators) for Firefox でもブラウザー チェックをハックすれば同様の動作ができるようになると思われる。IE8 Activities (Accelerators) for Firefox のページにはこの問題がバグとして報告されているので、そのうちに改善されるかもしれない。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。