Hebikuzure's Tech Memo

2010年9月30日

Google Chrome をグループ ポリシーで管理する

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 8:38 PM

エンタープライズ環境向けのブラウザーと言えば Internet Explorer、というイメージが強いが、それは何も企業内イントラ環境の Web サイトや Web アプリケーションが Internet Explorer (特に IE6) にロックインされているからだけではない。
Internet Explorer の数多い設定や利用規制はグループ ポリシーで制御できるようになっており、Active Directory 環境であれば集中したコントロールが可能であるため、管理上便利で確実だからという側面も強い。

しかしグループ ポリシーで管理できるブラウザーは Internet Explorer だけではない。他のブラウザーもエンタープライズ環境への進出を期してグループ ポリシーに対応する試みをしている。Firefox ではアドオンとして GPO for Firefox が存在しており、これを利用する事でグループ ポリシーを通じた設定の管理が可能になる。とは言えこれはアドオンであり、Firefox その物に組み込まれた機能ではない。
その点で Google Chrome にはビルトインのグループ ポリシー対応機能が含まれている。実際に Chrome をグループ ポリシーで管理するのに必要な物は、管理用のテンプレートだけだ。
以下に Chrome をグループ ポリシーで管理する手順について説明する。

管理用テンプレートのダウンロード

管理用テンプレートは以下の Web サイトからダウンロードできる。

ダウンロードできるテンプレートの内容は以下の通り。これらの中から必要な物をダウンロードする。

ADM template
Windows XP / 2003 形式のテンプレート
ADM template for configuring Google Update (auto-updates)
Google Update (自動更新) を制御するテンプレート (XP / 2003 形式)
ADMX template
Windows Vista / 7 / 2008 形式のテンプレート
ADML (en-US file for ADMX)
Windows Vista / 7 / 2008 形式のテンプレート用の言語ファイル (英語)

テンプレートの適用 (XP / 2003 形式)

ダウンロードしたWindows XP / 2003 形式のテンプレートを適用し、Chroem を管理できるようにする手順は以下の通り。
Windows XP / 2003 ではこちらの ADM 形式のテンプレートを利用する。ADM 形式のテンプレートは Windows Vista / 7 / 2008 でも利用できる。

  1. (ローカル ポリシーの場合)
    [ファイル名を指定して実行] で “gpedit.msc” を入力して Enter を押し、[ローカル グループ ポリシー エディタ] を開く
    (ドメイン ポリシーの場合)
    [Active Directory ユーザーとコンピュータ] などからポリシーを適用したいオブジェクトに対するグループ ポリシー オブジェクトを開く
  2. [コンピュータの構成] または [ユーザーの構成] の [管理用テンプレート] を右クリックする
  3. [テンプレートの追加と削除] をクリックする
  4. [テンプレートの追加と削除] ダイアログで [追加] を削除する
  5. ダウンロードしたテンプレート ファイル (.adm ファイル) を選択して [開く] をクリックする

    テンプレートの追加と削除

  6. [テンプレートの追加と削除] ダイアログで [閉じる] をクリックする

これで Windows XP / 2003 の場合は [管理用テンプレート] の直下に、Windows Vista 以降の場合は [管理用テンプレート] – [従来の管理用テンプレート (ADM)] の下に、[Google] という項目が表示されるようになり、その下の各項目で Chrome の動作を設定できる。

グループ ポリシー エディタ

テンプレートの適用 (Vista 以降の形式)

Windows Vista / 7 / 2008 の場合、こちらの形式 (ADMX 形式) のテンプレートが利用できる。テンプレートを適用し、Chroem を管理できるようにする手順は以下の通り。

  • ADMX ファイルを以下のフォルダにコピーする
    ローカル ポリシーの場合 : ローカル コンピュータの %systemroot%\PolicyDefinitions
    ドメイン ポリシーの場合 : ドメイン コントローラーの %systemroot%\sysvol\domain\policies\PolicyDefinitions
  • ADML ファイルを以下のフォルダにコピーする
    ローカル ポリシーの場合 : ローカル コンピュータの %systemroot%\PolicyDefinitions\en-US
    ドメイン ポリシーの場合 : ドメイン コントローラーの %systemroot%\sysvol\domain\policies\PolicyDefinitions\EN-US

これで [管理用テンプレート] の下に [Google] という項目が表示されるようになり、その下の各項目で Chrome の動作を設定できる。

image

管理できる項目

これらのポリシーで管理できる項目については実際にテンプレートをインストールして確認するのが一番良い (テンプレートを適用しても、ポリシーの各項目の設定を行わない限り何も変更されない)。
資料としては以下のページに管理できる項目の一覧が掲載されている。

現在のバージョンでは Chrome の設定の中でも管理できる項目はまだ多くないが、将来のバージョンで拡充する予定であることが以下のページに記載されている。今後に期待したい。

参考情報

広告

Interent Explorer Cookbook (6)

Filed under: IE9 Cookbook — hebikuzure @ 1:47 PM

引き続き「Internet Explorer 9 Cookbook」の試訳を公開する。

翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 9 Cookbook > Features Changed in Internet Explorer 9

Table オブジェクト モデルは他のブラウザーとより一致するようになりました

[このドキュメントは速報を目的としており、変更される可能性があります]

影響を受ける Internet Explorer のドキュメント モード

  • IE9 標準

機能への影響

  • 深刻度: 種々(Web ページでの機能の利用方法に依存)
  • 発生確率:

詳細

Windows Internet Explorer とそれ以外のブラウザーの動作の一貫性を向上するため、IE9 標準モードでは table のオブジェクト モデルに以下のような変更を加えました:

  • tBodies コレクション中に、追加の theadtfoot 要素は出現しない
  • ドキュメント中の順序に関わらず、rows コレクションは異なった順序付けを持っています。第一に thead 要素中の行が、次にその他の行のうち tfoot 要素中に無い行が、最後に tfoot 要素中の行が含まれます。
  • 行の呼び出しはテーブル内の全ての階層の全ての行を返します。これにはテーブルの直接の行の子も含まれます。
  • getElementsByTagName メソッドと HtmlElement.children メソッドはコンテンツ ノードを返しません。

影響のある領域

アプリケーションでこれらの変更を考慮しない場合、アプリケーションで深刻では無いものの、ページの読み込みが終了しない、意図しないコンテンツが生成されるなどのスクリプト エラーが発生する場合があります。

ガイドライン

コードが他のブラウザーで動作している場合は、Windows Internet Explorer 9 でも動作するはずです。

コードを他のブラウザーでテストしていない場合は、コードが IE9 標準モードで動作するよう更新する必要があります。Internet Explorer 開発者ツールを使ってコードをテストし、問題の発見と修正を行ってください。

または、Windows Internet Explorer 8 と同様の動作となるよう、Internet Explorer が IE8 モードを利用するよう強制する事もできます。

関連情報

公開日: 2010年9月14日

2010年9月29日

WordPress に移行しました。

Filed under: Information — hebikuzure @ 3:43 PM

Windows Live Space がディスコンになるので、移行先の WrodPress.com に引っ越しました。
ブログの内容や方針に変更はありません。また当面は旧 URL (Windows Live Space の URL) から新 URL にリダイレクトされます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Internet Explorer 9 Cookbook (5)

Filed under: IE9 Cookbook — hebikuzure @ 1:47 PM

今日も「Internet Explorer 9 Cookbook」の試訳を公開する。

翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 9 Cookbook > Features Changed in Internet Explorer 9

ビヘイビアに接続したメソッドの一部は XML で動作しない

[このドキュメントは速報を目的としており、変更される可能性があります]

影響を受ける Internet Explorer のドキュメント モード 

  • IE9 標準

機能への影響 

  • 深刻度: 種々 (Web ページでの機能の利用方法に依存)
  • 発生確率:

詳細

ビヘイビアに接続するマークアップ ベースのフォームは Windows Internet Explorer 9 モードで機能しますが、XML モードでは機能しません。ビヘイビアは次のコード サンプルに示すように、Web ページのトップで指定できます。

<html xmlns:myNamespace>
    <?import namespace="myNamespace" implementation = "my.htc">
    …
    <myNamespace:calendar/>

影響のある領域

この問題は新規のコンテンツにのみ影響します。

ガイドライン

以下のサンプル コードに示すように、HTML マークアップの代わりに、behavior プロパティを通じたカスケーディング スタイル シート (CSS) ベースの登録を利用します。

<style>
.calendar {
-ms-behavior: url(my.htc);
}
</style>
…
<div class="calendar"></div>

CSS ベースの登録は、class 属性以外の要素を通じても利用できます。

関連情報

公開日: 2010年9月14日

2010年9月27日

Internet Explorer 9 Cookbook (4)

Filed under: IE9 Cookbook — hebikuzure @ 12:35 PM

   もう一つ「Internet Explorer 9 Cookbook」の試訳を公開。

翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 9 Cookbook > Features Changed in Internet Explorer 9

オーバーラップする要素は複製される

[このドキュメントは速報を目的としており、変更される可能性があります]

影響を受ける Internet Explorer のドキュメント モード

  • IE9 標準

機能への影響

  • 深刻度:
  • 発生頻度:

詳細

オーバーラップするようフォーマットされた要素は、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) でのあいまいさを低減するため、Windows Internet Explorer 9 では複製されます。

影響のある領域

典型的には、この機能を利用しているサイトとしていないサイトは同じように見えます。

しかしながら、マークアップでオーバーラップされている要素に DOM 操作を行うと、Internet Explorer 9 では操作が同じように機能しない場合があります。例えば、オーバーラップしている要素に firstChildnextSibling のような DOM 呼び出しを行った場合、呼び出しが同じように動作しない場合があります。

ガイドライン

コードに対して Internet Explorer 開発者ツールを使ったテストを行い、オーバーラップする要素の発見と修正を行ってください。

関連情報

公開日: 2010年9月14日

Internet Explorer 9 Cookbook (3)

Filed under: IE9 Cookbook — hebikuzure @ 12:31 PM

今日も「Internet Explorer 9 Cookbook」の試訳を公開する。

翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 9 Cookbook > Features Changed in Internet Explorer 9

既定のユーザー エージェント (UA) ストリングの変更

[このドキュメントは速報を目的としており、変更される可能性があります]

影響を受ける Internet Explorer のドキュメント モード

  • IE9 標準

機能への影響

  • 深刻度:
  • 発生頻度:

詳細

Windows Internet Explorer 9 ではいくつかの方法でユーザー エージェント (UA) ストリングが変更されています。

短縮されたユーザー エージェント ストリング

既定では、Internet Explorer 9 は全体的なパフォーマンス、相互運用性および互換性を向上させるため、新しい短い UA ストリングを送信します。Internet Explorer 9 では、.NET Framework やその他の多数のプログラムのような、コンピュータにインストールされている他のソフトウェアによって UA ストリングに追加される部分は送信しません。

Internet Explorer 8 の UA ストリングから 4 つの主な変更があります:

  • 他のブラウザーと揃えて Internet Explorer 9 が相互運用性のあるブラウザーとなるよう、アプリケーション バージョンは "Mozilla/4.0" から "Mozilla/5.0" に増やされました。
  • バージョン トークンは "MSIE 8.0" から "MSIE 9.0" に増やされました。
  • Trident トークンは "Trident/4.0" から "Trident/5.0" に増やされました。
  • Internet Explorer 9 は、コンピュータにインストールされている他のソフトウェアからの追加を含めない、以下のような短い UA ストリングを送信します。
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)

以前の長くて拡張された UA ストリングは互換性の問題を引き起こしたため、Internet Explorer 9 は Pre-Platform と Post-Platform レジストリ値のトークンを含まない、前述のような短い UA ストリングを送信します。

アプリケーションやプラットフォームは、Pre-Platform と Post-Platform レジストリ キーを使い以前の Windows Internet Explorer のリリースで行っていたように、引き続き UA ストリングに追加をすることができます。Internet Explorer 9 は既存のレジストリ値を変更しません。

Web サイトでは、navigator.userAgent プロパティーを通じて Pre-Platform および Post-Platform トークンによる拡張された UA ストリングを取得できます。

互換表示での UA ストリング

Windows Internet Explorer 8 と同様に Windows Internet Explorer 9 の互換モードは Windows Internet Explorer 7 標準モードにマップされます。互換モードの Windows Internet Explorer 9 の UA ストリングは以下のようになります。

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)

互換表示では、 Windows Internet Explorer 9 は互換性のため、アプリケーション バージョン番号 (例えば "Mozilla/4.0") とバージョン トークン (例えば "MSIE 7.0") を通じて自分自身を Windows Internet Explorer 7 であると伝えます。増加している Trident トークン ("Trident/4.0" から "Trident/5.0" へ) によりWeb サイトは Internet Explorer 9 が互換表示で動作しているのか Internet Explorer 8 が互換表示で動作しているのかを区別する事ができます。

ガイドライン

レジストリを利用して UA ストリングを変更して動作チェックをする事で、Web サイトが Internet Explorer 9 の UA ストリングにどのように応答するのかテストしてください。もしサイトが Internet Explorer に互換性のあるコンテンツを応答しないようであれば、Internet Explorer 9 を認識できるよう、また古めかしくならないようサイトを更新してください。

関連情報

公開日:2010年9月14日

2010年9月26日

Internet Explorer 9 Cookbook (2)

Filed under: IE9 Cookbook — hebikuzure @ 11:29 PM

引き続き「Internet Explorer 9 Cookbook」の試訳を公開する。

翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 9 Cookbook > Features Changed in Internet Explorer 9

バイナリ エレメント ビヘイビアの自動バインディングは機能しません

[このドキュメントは速報を目的としており、変更される可能性があります]

影響を受ける Internet Explorer のドキュメント モード

  • IE9 Standards
  • IE9 標準

機能への影響

  • 深刻度: 種々 (Web ページでの機能の利用方法に依存)
  • 発生確率:

詳細

Windows Internet Explorer が他のブラウザーとより一致した動作をするよう、Windows Internet Explorer 8 には自動バインディング機能が含まれていません。例えば以下のコードは、プラグインが SVG 名前空間に対して登録されている場合、Internet Explorer 8 で SVG プラグインをアクティベートします。

訳注
原文でも “Windows Internet Explorer 8 does not include the automatic binding capability” と書かれているのでそのように訳しているが、MSDN の記事 ”Internet Explorer Namespace Support” を見る限り (それ以前のバージョンと異なり)  IE8 で自動バインディングの機能が追加されたと記載されている。(“Internet Explorer 8 will take care of the binding automatically” という記載もある) そのため上記の文は「Windows Internet Explorer 8 には自動バインディング機能が含まれています」とするのが正しいように考えられるし、以下のサンプルやその説明ともその方が符合するように思う。

<html>
<head>
<title>SVG embedded inline in XHTML</title>
</head>
<body>
<svg width="600" height="300" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">
<linearGradient id="gradient">
<stop style="stop-color:yellow" offset="0%" />
<stop style="stop-color:green" offset="100%" />
</linearGradient>
<rect x="0" y="0" width="100" height="100" style="fill:url(#gradient)" />
<circle cx="50" cy="50" r="30" style="fill:url(#gradient)" />
<circle cx="150" cy="100" r="50" />
</svg>
</body>
</html>

しかし IE9 モードでは、このサンプル コードは Windows Internet Explorer 9 のネイティブな SVG ハンドリングを利用します。

影響のある領域

この機能の削除は、Web ページを Internet Explorer 8 向けに作成した場合にのみ影響します。ユーザーには指定されたコントロールではなく一般的な (ジェネリックな) 要素が表示されます。

ガイドライン

Internet Explorer 9 向けのページを作成する場合は以下に示すサンプル コードのように、バインディングするコントロールを手動でインスタンス化する必要があります。

サンプル コード 

もちろん、Web ページを IE8 モードで動作するよう設定する事もできます。そうすれば元のコードの構文も正しく動作します。

関連情報

公開日: 2010年9月14日

SPYSEE と Bit.ly のアクセラレータ (続き)

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 8:33 AM

先日の記事で作成した SPYSEE のあのひと検索アクセラレータと Bit.ly の URL 短縮アクセラレータこちらのページで公開した。
Install ボタンをクリックするとそれぞれのアクセラレータがインストールできるので、興味のある方はお試しいただきたい。

Internet Explorer Coocbook (1)

Filed under: IE9 Cookbook — hebikuzure @ 6:15 AM

Internet Explorer 9 beta のリリースに合わせて MSDN (英語版) に「Internet Explorer 9 Cookbook」というコンテンツが公開されている。
IE9 での変更点やその対策などをまとめた記事で、英語も比較的平易なのだが、「英語で書かれているだけで見る気が失せる」という人も居るので順次試訳しようと思う。

翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


Internet Explorer 9 Cookbook > Features Changed in Internet Explorer 9

山括弧 (アングル ブラケット) は createElement メソッドで利用できない

[このドキュメントは速報を目的としており、変更される可能性があります]

影響を受ける Internet Explorer のドキュメント モード

  • IE9 Standards
  • IE9 標準

機能への影響

  • 深刻度:
  • 発生確率:

詳細

Windows Internet Explorer 9 は createElement メソッド内の山括弧 (< >) を認識しません。以前のバージョンの Windows Internet Explorer の標準ドキュメント モードに設定されていない Internet Explorer 9 の Web ページ内で山括弧を通貨と、例外が発生します。例えば以下のサンプル コードは IE9 モードで例外を発生させます。

var elm = document.createElement("<div id='myDiv'>");

影響のある領域

createElement メソッド内で山括弧 (< >) を利用すると、エラーが発生するタイミングに応じて Web ページのコンポーネントで障害が発生します。ユーザーは障害が発生したタイミングに応じて影響をうけます。

Internet Explorer 9 のこの変更に対応するには、二つの方法があります。

  • 以下のサンプル コードのように、要素を生成した後で setAttribute API を利用して属性を個別に追加します。
    var elm = document.createElement("div");
    elm.setAttribute("id","myDiv");
  • 以下のサンプル コードのように、innerHTML API を使い親要素の内側に要素を生成します。
    var parent=document.createElement("div")
    parent.innerHTML="<div id='myDiv'></div>";
    var elm=parent.firstchild;

この他に、Web ページを Internet Explorer 9 より若いドキュメント モードに設定する事もできます。

関連情報

公開日: 2010年9月14日

2010年9月25日

bit.ly のアクセラレータを作る

Filed under: Windows Tips — hebikuzure @ 8:48 AM

前回の記事で SPYSEE のアクセラレータを作ってみたが、同じ要領で bit.lyのアクセラレータを作ってみた。bit.ly は言わずと知れた短縮 URL サービスで、見ているページの URL をを簡単に短縮できるブックマークレット用意されているのだが、さらにページ内のリンク (a href で指定されている URL) も短縮できるよう工夫してみた。

注記 :
bit.ly 用のアクセラレータはアドオン ギャラリーで二つほど公開されている。ただし Shorten with bit.ly は古い API を使っているようで、また Enviar a bit.ly はスペイン語表記になっているので、この二つを参考にしつつ分かりやすい表記になるよう作ってみた。

以下がアクセラレータのコードになる。表示中のページ (context=”document”) の場合と、マウスオーバーしているリンク (context=”link”) の場合の両方で動作させたいので、それぞれに対応する os:activityAction のセクションを書いている。Favicon の URL については前回同様 bit.ly のページのソースで確認できたので、それを利用した。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?> <os:openServiceDescription xmlns:os="http://www.microsoft.com/schemas/openservicedescription/1.0"> <os:homepageUrl>http://bit.ly/</os:homepageUrl> <os:display> <os:description>Shorten URL with bit.ly</os:description> <os:name>Shorten with Bit.ly</os:name> <os:icon>http://bit.ly/s/v124/graphics/favicon.ico</os:icon> </os:display> <os:activity category="Shroten"> <os:activityAction context="document"> <os:execute method="get" action="http://bit.ly/"> <os:parameter name="u" value="{documentUrl}" /> </os:execute> </os:activityAction> <os:activityAction context="link"> <os:execute method="get" action="http://bit.ly/"> <os:parameter name="u" value="{link}" /> </os:execute> </os:activityAction> </os:activity> </os:openServiceDescription>

あとはこの記事の方法でブラウザーにインストールすればよい。ページ内のリンクにマウスオーバーして右クリックすると、[Shorten with Bit.ly] のメニューが表示され、リンク先の URL が短縮できる。またページ内のリンクや画像以外の場所で右クリックしても [Shorten with Bit.ly] のメニューが表示され、この場合は表示中のページの URL が短縮できる。

(Internet Explorer 8 にインストールして動作させた場合)

(Firefox + IE8 Activities (Accelerators) for Firefox にインストールして動作させた場合)

Older Posts »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。