Hebikuzure's Tech Memo

2010年4月29日

IE8 で Office Web コンポーネントに入力した文字が突然消える

Filed under: Windows トラブル — hebikuzure @ 10:10 AM

Entered characters are unexpectedly deleted in a Web page that loads Office Web Components in Internet Explorer 8
http://support.microsoft.com/kb/978454/en-us


Office Web コンポーネント (OWC) は Microsoft Office の機能の一部を実現する ActiveX コントロールで、グラフ、ピボットテーブル、スプレッドシートを Internet Explorer で表示した Web ページ中で表示 / 編集できる。Excel で作成 / 管理しているデータを簡単に Web で取り扱う事ができるので、イントラネットなどで割とよく使われているテクノロジーだ。

便利な OWC だが Microsoft ではこのテクノロジーを廃止する予定となっており、今後セキュリティ修正以外の新しいバージョンの OWC が提供される事は無い。Excel データを Web で扱う場合は、WebDAV や SharePoint などを使ってサーバー上の Excel データをクライアントの Excel で直接開けるようにするか、または Excel Services を使ってサーバー サイドで処理を行うか、いずれかが推奨されている。

この OWC の ActiveX で表示されているページを Internet Explorer 8 で表示してスプレッドシートなどに文字を入力していると、突然入力中の文字が消えてしまうという問題について、上記のサポート技術情報が公開されている。
問題の原因は IE8 に搭載された自動クラッシュ回復機能でエラーが発生するためで、5 秒ごとに文字カーソルのフォーカスがリセットされてしまい、そのタイミングで入力中の文字も消えてしまう。そのためこの機能を無効にすれば現象は回避できる (既定では有効)。自動クラッシュ回復機能を無効にするには、[インターネット オプション] の [詳細設定] タブの [ブラウズ] セクションにある [自動クラッシュ回復機能を有効にする] のチェックをオフにして [OK] をクリックし、Internet Explorer を再起動すれば良い。

また原因となるエラーの発生を改修した修正プログラムも用意されているので、これを適用する事で自動クラッシュ回復機能を有効にしたまま問題を回避できる。修正プログラムはサポート技術情報の上部にある “View and request hotfix downloads” をクリックしてリクエストできる。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。