Hebikuzure's Tech Memo

2010年3月22日

IE9 Platform Preview へのフィードバック

Filed under: Internet Explorer — hebikuzure @ 12:58 PM

IE9 Platform Preview Feedback
http://blogs.msdn.com/ie/archive/2010/03/16/IE9-Platform-Preview-Feedback.aspx


IE9 Platform Preview 関係の記事第三弾です。 フィードバックのシステムと手順についての説明です。

以下の文章は IE Blog の 3/16 の記事 IE9 Platform Preview Feedback を hebikuzure が私的に試訳したものです。翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


IE9 Platform Preview へのフィードバック

新しいプラットフォームでのエクスペリエンスに関する開発者からの明確なフィードバックを直接得る事は、特別に重要です。これは私たちが現実的なパフォーマンスや現実的なコード パターンに対して最適化を行うために決定的に重要です。この記事では私たちのフィードバックの循環を拡大し強化するためのフィードバック プログラムの変更について説明します。

フィードバックについてのフィードバック

過去のいくつかのリリースで私たちが開発者からのフィードバックを扱った方法について皆さんからいただいたご意見を基に、IE9 では変更を行いました。

私たちのお約束の一つは、いただいたフィードバックの一つずつについてすべて確認を行うことです。IE7 からの非常に多くの分量のフィードバックは IE8 ベータのフィードバック のプロセスに多くの影響を与えました。IE8 では、私たちはバグをファイルできる人の数を制限し、バグに投票できる人には制限を付けませんでした。このプロセスで多くのコメントは明白でした。しかし同時に、ユーザーから非実用的なフィードバック (登録が必要) が送信されることも頻繁にあり、それらの大半は私たちの品位の高いフィードバック (登録が必要) に反応する能力に悪影響を与えたのも事実です。幾人かの開発者から、やり取りされた状況や解決策についての情報が常に有益な訳ではないという事実があるのだから、私たちがバグ報告を受けるのに使っているツールを変更するよう提案しました。以下にこうしたフィードバックの結果行った変更を示します。新しいツールとプログラムの詳細についてはこのブログの最後に示します。

以下が向上した点です:

  • 開発者のコミュニティー全体からの声を聞きたいので、フィードバック プログラムをすべての開発者に再開放しました。
  • 皆さんがより実用的なバグをファイルできるよう、リリースの進行に応じてどのようなタイプのフィードバックを求めているのかお伝えする予定です。いつ、どのようなフィードバックがどのような形式で必要か、そしてそれがどう扱われるのか、明白にします。
  • 私たちは Microsoft Connect チームと協力して、状況と解決策についての付加的な情報を追加することで、皆さんがバグについての状況をより明確に理解できるようにします。こうした変更を行うので、もし皆さんが Connect のツール自体についてのフィードバックをお持ちでしたら、Connect Web Site Improvement を使って Microsoft Connect チームに皆さんのご感想をお聞かせください。
  • 皆さんが見つけた問題の診断、トラブルシュート、解決策の確認、報告について統合されたエクスペリエンスを提供します。この点でも Microsoft Connect チームと協力して、Connect 内でよりしっかりしたコミュニティーが機能できるようにし、他のユーザーからのフィードバックに関与できるより多くの選択肢を提供します。

これらの進歩の一部は本日の Platform Preview のリリースと共に確認していただけます。他の改良点については今後の Platform Preview のリリースや IE9 ベータ版の際に実現します。

フィードバックの方法

現段階の Internet Explorer Platform Preview のリリースでは、IE のプラットフォームに対して行われた変更についての開発者の皆さんからのフィードバックを求めています。このブログの記事 About the Platform Preview で説明したように、Platform Preview はまだ開発中の IE のプラットフォームに軽量のフレームを被せたものです。したがって互換性のテストのために利用すべきではありません。

その代わりに、開発者の皆さんにはご自身のサイトを Platform Preview で見た際のフィードバックや、プラットフォームで確認できる問題についてお知らせいただきたいのです。私たちは以下のような領域でのフィードバックを求めています:

  • 新機能は説明通りに動作するか?
  • 新機能は期待通りの動作をするか?
  • 新機能を利用した際に信頼性やパフォーマンスで問題が生じないか?

これらの質問への皆さんの答えを伺うことで、私たちは新機能の品質を検証できます。また同様に今後追加される機能についても皆さんの期待通りの品質水準を保てるのです。

皆さんが疑問を感じたり問題を発見した際にご利用いただけるツールとチャンネルが複数あります。これらのチャンネルは現時点からベータ期間まで利用可能です。

  • IE パブリック フィードバック– Windows Live ID をお持ちならどなたでもフィードバックを送信し、バグデータベースを閲覧できます。バグを送信・閲覧するには、Platform Preview から Report Issue メニューをクリックし、Report an Issue をクリックすると Connect サイトが開きます。サイトに登録し、簡単なアンケートに一度だけ回答すれば、バグを送信できるようになります。前述のように Connect のツール自体にフィードバックがあれば、Connect Web Site Improvement を使ってお知らせください。
  • IE Tech フィードバック プログラム – IE8 から始めた “Tech Beta” プログラムです (ベータ版以前から開始するので、それを反映して名称を変更しました)。このプログラムには公募したバグを検証し精選する役目の選ばれたユーザー (もちろん自身のバグをファイルすることもできます) が含まれています。もしこのプログラムへの参加に名乗りを上げられるのなら、件名「Pick me for IE Tech Feedback」の e メールを IESO@microsoft.com に送信してください。
  • IE Diagnostics – 私たちが内部的に利用していた IE Diagnostics ツールを Preview 版の一部として公開しました。Platform Preview を実行している間ならいつでも、Report Issue メニューをクリックし、Run IE Diagnostics をクリックして利用できます。IE Diagnostics では IE の設定を確認や IE のインストール情報の記録などができます。バグを送信される際は IE Diagnostics の情報も含めていただくようお願いします。IE Diagnostics についてさらに詳しい情報は Connect にあります。
  • IE Pre-Release ニュースグループ – IE Beta ニュースグループは IE Pre-Release ニュースグループに改称されました。Pre-Release ニュースグループはリリース前の IE 製品に関する問題について議論する総合的な場です。

報告したい問題を見つけたら、以下の手順を踏んでください:

  1. リリース ノート を確認してください – 私たちは Microsoft Connect でバグを公開し、それをリリース ノートに統合しています。リリース時点で既知のバグのほとんどがリリース ノートで概説されています。
  2. 確認した問題がリリース ノートで見つからなければ、IE Pre-Release ニュースグループ をご覧いただき、同じ問題について誰かが議論していないか確認してください。
  3. Connect のフィードバック プログラムを訪問し、バグ データベースを閲覧/検索して誰かが既に同じ問題を記録していないか確認してください。注: Microsoft Connect は登録が必要で、問題を検索するには簡単なアンケートへの回答が必要です。
  4. 新規のバグと確認できたら、Connect サイトの指示に従ってバグを記録してください。

私たちはこの方法が、作業をより良く進めるのに望ましいと考えています。

皆さんからのフィードバックに再度感謝を申し上げます – 皆さんと共に Internet Explorer をより良くしていきたいと思います。

Justin Saint Clair
プログラム マネージャー

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。