Hebikuzure's Tech Memo

2009年8月2日

IT プロフェッショナルの皆様へ: 2009 年 8 月に Internet Explorer 8 がWindows Server Update Services (WSUS) で提供開始されますので準備を進めてください

Filed under: Internet Explorer — hebikuzure @ 10:33 AM

IT Professionals: Prepare for Internet Explorer 8 availability via Windows Server Update Services (WSUS) in August 2009
http://blogs.msdn.com/ie/archive/2009/06/29/it-professionals-prepare-for-internet-explorer-8-availability-via-windows-server-update-services-wsus-in-august-2009.aspx


今月には IE8 の WSUS での提供も始まる予定ですが、それに関する IE Blog の記事です。

以下の文章は IE Blog の 6/29 の記事 IT Professionals: Prepare for Internet Explorer 8 availability via Windows Server Update Services (WSUS) in August 2009 を hebikuzure が私的に試訳したものです。翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


IT プロフェッショナルの皆様へ: 2009 8 月に Internet Explorer 8 Windows Server Update Services (WSUS) で提供開始されますので準備を進めてください

組織・企業内で Windows Server Update Services (WSUS) を使ってデスクトップの管理をしている皆さん、Internet Explorer 8 は 8 月 25 日以降 WSUS で利用可能となり、サポートされている全ての言語で “Update rollup” (修正プログラム集) として Internet Explorer 8 が提供されます。

私の組織に関係がありますか?

WSUS をお使いで、修正プログラム集を自動承認するよう構成していれば、Internet Explorer 8 End User License Agreement (EULA) の WSUS 管理者による受諾により、Internet Explorer 6 または 7 を実行しているサポート対象のオペレーティング システムでは Internet Explorer 8 は自動的にインストールされます。

修正プログラム集を自動承認にしていますが、Internet Explorer 8 の展開時期を管理したい場合どうすれば良いでしょう?

あなたの環境で Internet Explorer 8 の展開時期と方法を管理するには、次の手順を実行します:

2009 年 8 月 25 日以前

  1. WSUS で “Update rollup” (修正プログラム集) パッケージの自動承認を無効にし、更新の承認を手動で行います。注意: “Update rollup” (修正プログラム集) の自動承認がオンであっても、Internet Explorer がダウンストリーム クライアントに展開されるには Internet Explorer 8 EULA の受諾が必要です。

2009 年 8 月 25 日以降

  1. WSUS Server を同期します。
  2. Internet Explorer 8 更新パッケージを拒否します。
  3. 更新プログラム集を通常は自動承認にする場合は、“Update rollup” (修正プログラム集) の自動承認を再度有効にします。

Internet Explorer 8 のその他の更新は WSUS で提供されますか?

Internet Explorer 8 の累積的セキュリティー更新と Internet Explorer 8 の互換表示リストは、利用可能になると WSUS を通じて提供されます。

今すぐ Internet Explorer 8 を展開するのであれば、Internet Explorer TechNet Center (日本語) をご覧ください。多くの有益なリソースがありますが、Internet Explorer Deployment GuideInternet Explorer 管理者キット についての情報では、MIS インストーラーを作成し Systems Management Server やグループ ポリシーを使って配布する方法が解説されています。

Eric Hebenstreit
リード プログラム マネージャー

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。