Hebikuzure's Tech Memo

2009年6月28日

Office で使用するカスタム ActiveX コントロールが更新できない

Filed under: Microsoft Office — hebikuzure @ 6:44 AM

MSKB 185473
PRB: Changes to Custom ActiveX Control Are Not Used
http://support.microsoft.com/kb/185473/en-us

Word、Excel や Access などの Office アプリケーションで VBAやフォームを組み合わせたカスタム アプリケーションを作成する場合、Office のネイティブな機能だけでは実現できない動作を実装するためにカスタム ActiveX を作成して利用する事がある。こうしたカスタム ActiveX をバージョンアップしてクライアントに再配布しても、Office アプリケーション内で使用される ActiveX が更新されない場合がある。
この技術情報ではこうしたカスタム ActiveX が更新されない現象について解説している。

この現象が発生する理由は、Office がカスタム ActiveX を利用する方法にある。カスタム ActiveX コントロールが Office ドキュメントに挿入される場合、コントロールのオブジェクト タイプ ライブラリと拡張オブジェクト メンバーについての情報を保存する二つのファイル ( .twd と .exd ) が作成される。ActiveX の本体が更新されても、これらのファイルが既に存在する場合自動的に更新されないため、Office から見ると更新された ActiveX のメソッドやプロパティが反映されず、意図どおりに機能しない。

そのため、カスタム ActiveX コントロールを更新した場合は Temp フォルダにある .twd ファイルと .exd ファイルを手動で削除し、再作成させる必要がある。この手順についてはサポート技術情報に記載があるので、その通りに実行すればよい。

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。