Hebikuzure's Tech Memo

2009年4月13日

互換表示リストと IE8 RTW

Filed under: Internet Explorer — hebikuzure @ 10:54 AM

Microsoft 五寳 さんのブログIE8 の互換表示についてのポストがあり、IEBlog の Compatibility View List and IE8 RTW や MSDN の Understanding Compatibility View List の日本語訳は時間がかかりそうと書かれていたのに反応して、サクっと訳してみました。

以下の文章は IE Blog の 3/30 の記事 Compatibility View List and IE8 RTW を hebikuzure が私的に試訳したものです。翻訳については Microsoft Corporation およびマイクロソフト株式会社とは無関係に hebikuzure が公開情報に基づき独自に行ったものであり、この文書の内容についての文責は公開者である hebikuzure にあります。翻訳の内容および技術的内容については正確を期すよう十分な注意を払っておりますが、誤りや不正確な部分が含まれている可能性がありますので、本文書を利用される際には原文も併せてご確認ください。


互換表示リストと IE8 RTW

Internet Explorer 8 に含まれる互換表示機能については、Beta 2 と製品 候補版の間に数回ブログ記事を書きました。Internet Explorer 8 がリリースされたので、取り急ぎフォローアップの投稿をして互換表示リストに関して作成された MSDN の記事を取り上げたいと思います。

再確認すると、Internet Explorer 8 には ‘互換表示’ という名前の下に一連の機能が含まれています。これらの機能は、ユーザーが Web ブラウジング中に遭遇する互換性の問題を軽減する方法を提供します – 互換性の問題は多くの場合 Internet Explorer 8 のより標準に準拠した実装によって引き起こされます。既定で Internet Explorer 8 は最も標準に準拠した方法でコンテンツを表示しますが、そのため以前の、相互合運用性の乏しい IE の動作を期待している Web サイトで互換性の問題が生じます。ユーザーはサイトの互換表示を選択する事で、IE の既定の動作を置き換えできます –アドレスバーの ‘中止’ と ‘最新の情報に更新’ ボタンの隣に表示されるアイコンで、この動作を制御できます。また機能全体のオプションはツール メニューに含まれています。

Internet Explorer 8 の開発期間中、IE チームでは互換表示ボタンの使われ方についてテレメトリー データを解析し、人気のある Web サイトでの Beta 版のユーザーの互換性エクスペリエンスのタイプについて大きな注意を払ってきました。私たちは、互換表示で表示する事が最善と考えられる人気のあるサイトのリストを作るため、テレメトリー データとその他のフィードバック源 – カスタマーが提出したバグ、Report a Webpage Problem アドインのデータ、私たち自身による互換性テストなど… – を取りまとめました。初回起動時のウィザードで、ユーザーに互換表示リストを日常のブラウジングに利用するかどうか選択を求めています。Internet Explorer 8 でリストに含まれている Web サイトを訪れると、サイトは IE8 の既定である “最良の標準モード” ではなく互換表示で表示されます。言い換えれば、ユーザーが初めてサイトを表示した際に互換性の問題が生じ、そのサイトは非標準の方式での表示が適していると判断する手間なしに、リスト上のすべてのサイトで互換表示ボタンを押したように動作するのです。現在の IE で利用されているリストの内容を表示するには、ブラウザーのアドレス バーに ‘res://iecompat.dll/iecompatdata.xml’ と入力します。なおリストはツール メニューの互換表示の設定で ‘マイクロソフトからの更新された Web サイト一覧を含める’ チェックボックスがオンである場合にのみ有効です。

Internet Explorer 8 のリリースと同時に、互換表示リストについてより詳細に解説している MSDN のコンテンツを作成しました。一般的な質問への答えはそこで見つかるでしょう –

  • Internet Explorer チームはどのようなプロセスに従ってこのリストを作成したのか?
  • 自分のサイト/ドメインはリストに含まれているか?
  • 自分のサイト/ドメインをリストから除外する方法は?

また、リストに含まれるサイトについて、ドメイン名・リストに追加された時・現在の状況などの履歴を提供する記録用スプレッドシートも作成しました。互換表示リストは定期的に (IE のセキュリティ更新と同様に、おおよそ 2 か月毎) 更新され、スプレッドシートの状況欄は削除依頼が現行のバージョンに既に反映されているのか、次のバージョンのリストに反映されるのかをサイトの所有者が判断するのに役立ちます。

最後に、IE チームは互換表示についてご提供いただいたすべてのフィードバックに感謝しています。これらのフィードバックは、製品の二つの重要な目標に合致した機能を創り出すために役立ちました。目標はしばしば相反するのですが、Web 標準のより良い実装により相互運用性を向上させる事 *と同時に* 既存の Web サイトで優れたユーザー エクスペリエンスを提供する事でした。これからも引き続きフィードバックをお願いします。

Scott Dickens
プログラム マネージャー


広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。