Hebikuzure's Tech Memo

2009年2月22日

Outlook でテキスト形式の電子メール メッセージをエンコードする方法

Filed under: Microsoft Office — hebikuzure @ 10:38 AM

MSKB 278134
Outlook でテキスト形式の電子メール メッセージをエンコードする方法
http://support.microsoft.com/kb/278134/ja


Microsoft Outlook からテキスト形式で電子メールを送信する際、メッセージは次のいずれかの方法でエンコードされる。

    • Base 64
    • Quoted-Printable
    • エンコードなし

Outlook 2000 を “インターネット メールのみ (IMO)” モードで使用する場合はテキスト形式メッセージのエンコードを選択できたが (また Outlook Express や Windows Vista に付属の Windows メールでも選択できる)、Outlook 2002 以降のバージョンでは選択できるユーザー インターフェイスは無い。
これらのバージョンの既定ではエンコードは自動的に選択される動作になっている。選択の基準は

  • 送信サーバーが Microsoft Exchange Server の場合は、Exchange のインフォメーション ストアの独自のロジックによってエンコード方式が決定される (クライアント側の設定は無視される)
  • メッセージの 25% 以上が 8 ビット文字で構成されている場合は、Base 64 エンコード方式が使用される
  • それ以外の場合は Quoted-Printable エンコード方式が使用される

となっている。自動的な選択で意図しないエンコードで送信されることにより、中継時にトラブルが生じる、受信側で正しくデコードできないなどの問題が発生する可能性もあり、エンコードを固定したい場合も考えられる。
そうした場合、レジストリ値を構成してエンコード方法を指定する事ができる。

構成するレジストリ キーは以下の通り。

  • Microsoft Office Outlook 2007
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
  • Microsoft Office Outlook 2003
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\Mail
  • Microsoft Outlook 2002
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Options\Mail

レジストリ値 : InternetMailTextEncoding (REG_DWORD)

設定するデータと指定される動作は以下の通り。

    • 0 : 自動
    • 1 : Quoted-Printable
    • 2 : Base 64
    • 3 : エンコードなし

この設定により、SMTP サーバーや IMAP サーバーなど、Exchange 以外を使って送信されるインターネット メールのエンコード形式が変更される。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。