Hebikuzure's Tech Memo

2008年12月20日

SysPrep を実行すると、Default Userへのカスタマイズが失われる

Filed under: Windows トラブル — hebikuzure @ 6:46 AM

MSKB 887816
Windows XP Service Pack 2 インストール後の SysPrep ツールと RIPREP ツールの動作の変化
http://support.microsoft.com/kb/887816/


Windows のインストールを複数のコンピュータ複製してに展開するため SysPrep ツールを実行すると、新規ユーザーへの既定の設定のために行っていた Default User のユーザー プロファイルへのカスタマイズ内容 (例えばデスクトップやスタートメニューの構成など) が失われてしまう事がある。その場合、代わりに新規ユーザーの既定の設定が、Adoministrator と同じになってしまう。
これは Windows XP SP2 で SysPrep の動作が変更されたために発生していたトラブルで、SysPrep で作成したイメージの初回起動時の Mini-Setup の実行時に Administrator のユーザー プロファイル (%systemdrive%:\Documents and Settings\Administrator) が Default User のユーザープロファイル (%systemdrive%:\Documents and Settings\Default User) にコピーされることが原因である。この動作は Windows XP SP3 (や Windows Vista) では改善されており、Default User へのカスタマイズを有効にできる。また Windows XP SP2 を展開する時の動作を変更するための修正プログラムも用意されている。
既定の動作自体は修正で変更されて元に戻るが、Windows XP SP2 と同様の動作 (Adoministrator のプロファイルを Default User にコピーする) をさせる事も可能だ。その場合は、Sysprep.inf ファイルに次の記述を追加する。

[UNATTENDED]
UpdateServerProfileDirectory=1

なお、この修正を含まないバージョンで SysPrep を実行した後で、そのイメージを現象が発生しないようにする事はできない。オリジナルの環境に修正プログラムをインストールし、イメージを再作成するしかない。

この他の SysPrep についての動作や既知の問題は、以下のサポート技術情報にまとめられている。

MSKB 928386
Sysprep の機能と既知の問題について
http://support.microsoft.com/kb/928386/ja

広告

1件のコメント »

  1. […] SysPrep を実行すると、Default Userへのカスタマイズが失われる […]

    ピンバック by 人気記事ベスト20 « Hebikuzure's Tech Memo — 2011年6月4日 @ 1:27 PM


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。